恋愛に奥手な「草食系男子」が素敵な彼女をGETする方法

恋愛に奥手な「草食系男子」が素敵な彼女をGETする方法

ここでは恋愛下手な草食系男子に参考になる情報を紹介します。
草食系男子が彼女をゲットするには勇気を持った行動が必要になり、普通の人よりちょっとハードルが高いかもしれません。

そして一つ理解しておきたいことは、草食系男子の中でもモテるタイプとモテないタイプがいるということ。

それを自覚していないと、誤った行動を起こしてしまいます。
どんな行動をすべきか、タイプ別に見ていきましょう!

ブサメン草食系男子の場合

ブサメン草食系男子の場合

積極的に行くべし!

草食系男子の中でもブサメンに該当する人は、とにかく積極的に行かないと彼女はできません。
自分がブサメンと思っていない人でも、これまでの人生でモテていないのなら残念ながら、ブサメン寄りです。
ブサメン側の立場になり、行動していきましょう。

では具体的に何をすべきか。
彼女を作るには、下記のような行動を起こしてみてください。

  • 積極的に異性がいる場所に足を運ぶ
  • 積極的に異性に話しかける
  • 積極的にアピールする
  • 積極的に告白する

キーワードは積極的。
もはや自分が草食系なんて言っている場合ではありません。

話しかけるのが苦手だったり、緊張してしまうという男性もいるかもしれませんが、それを理由に怖気付いていたら彼女ができないだけです。

現実問題、可能性の話をするとブサメン草食系男子が待っていても彼女ができる可能性はゼロに近いです。

世の中、変わり者の女性もいます。
100人中99人があなたのことを良いと思わなくても、1人だけあなたのことをいいかもと思っている女性がいます。

その女性をターゲットにしていくしか方法はないです。
とにかく、ブサメン草食系男子は積極的に行動を起こしましょう。

こんな勇気の出るデータもあります。

「意識していない男性でも、告白されたら付き合うかも・・55%」

こういったデータもあるぐらいですから、必ずしも両想いじゃないとチャンスが無いわけじゃありません。
積極的にチャレンジしましょう。

スタンスはできるだけニュートラルで!

積極性を失ってはいけませんが、ガツガツ行くのとは違います。

例えば、積極的に女性に話しかけるのは良いですが、まだ話も弾んでいないのに、

「彼氏はいるの?」
「自分のことはどう思う?タイプ?」

などと聞くのはお勧めできません。
ガツガツいったところで「デリカシーのない男性だな・・・」と思われてしまうだけです。
言葉使いに気をつけて、徐々に仲を深めていくというスタンスで臨みましょう。

逆に、「自分は草食系だから」と消極的な対応はNGです。
不細工で消極的だと、負のオーラが漂います。

例えば、あまり可愛くない女性が全くしゃべらないと、ちょっと気味が悪いですよね。
あまり可愛くなくても明るくしゃべっている女性のほうが人柄にひかれたり、一緒にいて楽しいと感じるはずです。

それと同様に暗い性格と思われないように意識して喋ることが必要です。
草食系と自覚がある人は、ちょっと喋っただけでも自分は結構しゃべったような気になってしまいます。

しかし、それでも客観的に見ればまだまだ口数が少ないという可能性が高いです。
ちょっと自分ではしゃべりすぎているかな、というぐらい積極的に話していきましょう。

へこたれないメンタル

ブサメン草食系男子の場合は、一喜一憂している場合ではないです。
「ダメだったら次」と、ちょっと流れ作業感覚で恋人を探した方が良いです。

いちいち断られて凹んでいたら、メンタルがとても持ちません。
宝くじ感覚で「外れ(断られる)のが当たり前」ぐらいの感覚で、どんどんといろんな女性にアプローチしていきましょう。

ただし、一つの出会いの場で複数の女性にアプローチするのは誠実さに欠けるのでNGです。
例えば、恋活・婚活パーティーに参加した場合、主に話しかけるのは2、3名程度にしておきましょう。
いろんな女性と話して可能性を探りたいという人もいますが、結果的にどの女性にもインパクトを与えることができず、全滅する可能性が高いです。

パーティーに参加する際は、「今日が運命の日」などと思わず、スケジュールをこなすただの1日ぐらいの感覚で、あまり重く考えすぎないようにしましょう。

相手を射止める確率が低くても、回数を重ねる事にそのチャンスが出てきます。

イケメン草食系男子の場合

イケメン草食系男子の場合

若ければ積極的にいく必要なし

10代、20代のイケメン草食系男子でしたら積極的に行く必要はないでしょう。
普通の振る舞いをしても好印象を与えることが多いです。

むしろガツガツいかないことで、下記のような印象を与えることができます。

  • 誠実な感じ
  • 紳士的な振る舞い
  • 真面目そう
  • 女性に対してウブな一面がありそう

このようにちょっとかわいらしいなと思ってくれる女性もいるので、草食系の性格を無理に変える必要はないです。

ただ、全く喋らないとどんな人か伝わらないので、質問された場合に一言で済ませるのではなく、あなたの人柄が伝わるような回答は常に意識したいですね。

最近は男くさい男性より、ちょっと中性的で女性的な要素を兼ね備えている男性の方がモテる傾向があります。
ちょっと控えめでおとなしい性格というのも好きな女性が多いので、ネガティブに考える必要はないでしょう。

ギャップを活かす

一般的に草食系というと、下記のような印象を持たれます。

  • 目立つのが嫌い
  • 人見知り
  • トークが苦手
  • 人前に出るのが好きじゃない

このようにちょっと控えめな印象を与えてしまうので、それを逆手に取ったアピールはとても効果的です。

例えば、趣味や特技の話をしたとしましょう。
下記のようなアピールをしたら、女性に良い印象を与えることができます。

「高校時代に短距離でインターハイに出た事があります。」
「ギターが趣味で地元のライブハウスで演奏したことがあります。」

「草食系でおとなしい男性かと思っていたら、やるときはやるタイプなのね」とギャップに好感を持つ女性も多いです。

大人しいのにこんなことができる、こんな経験があるといったようなことがあれば、どんどんアピールしていきましょう。
控えめな性格で素晴らしい才能を持っていると、ちょっと天才的な匂いもしますからね。

例えば、目立ちたがり屋な人がバンドでボーカルをやっていると言ってもあまりギャップがありませんが、控えめで地味な人が、実はすごい美声の持ち主でボーカルをやっているというほうが魅力的ですからね。

草食系の方はイメージ通りで終わるのではなく、何かギャップとなるものを準備しておきましょう。

いざという時は積極的に!

草食系男子で勘違いしてしまいがちなのは、「常に積極性がなくても許される」と思っていること。

しかしなにもかも相手任せにしていると、「この人はあまり自分で行動を起こさないんだな・・・」と呆れられてしまうことがあります。

例えば、草食系男子でも、下記のような場面では自分から積極的に行動しましょう。

  • レストランでの注文
  • レストランでの支払い
  • 店舗や施設での質問
  • クレーム対応
  • 危険を感じた場合の対処

女性とレストランに行った時、注文も女性、支払いも女性などとなるとカッコ悪いですよね。
男性が主導で店員さんを呼び、注文をするようにしましょう。

そしてどこか出かけた時に何かわからないことがあった場合、自分から積極的に解決するような行動を起こしましょう。
女性のほうに、「あそこにいる係りの人にちょっと聞いてきてよ」などとすべて任せる男性もいますが、そういった姿勢は男らしくありません。

他にも、

  • ホテルに行ったときに不具合があれば、それをフロントに伝える
  • 外出しているときに酔っ払いなどに絡まれたらしっかりと対処する

「いざという時は頼りになるな」という思いを女性にさせてあげないと、「この人は私を守ってくれない」と不安な気持ちが強くなってしまいます。

ブサメン、イケメン共通の考え方

ブサメン、イケメン共通の考え方

意思をはっきり持つ

ブサメンの草食系男子、イケメンの草食系男子に共通して必要となることといえば、「自分の意思をしっかりと持つ」ということです。

草食系男子は自分がリードするのに慣れていない人が多いです。
あるいは、自分主導で何か計画を立てたり、物事を進めていくのが苦手です。

例えば、レストランに行く計画を立てた時に、

「どこでもいいよ」
「好きなところでいいよ」

などとばかり言っていると、女性も「この人は私と一緒にレストランに行きたいと思っていないのかしら・・・」と疑心暗鬼な気持ちが強くなってきます。

自分の意思をはっきり伝えて、適当な振る舞いはできるだけ控えましょう。

来るもの拒まずのスタンスはNG

草食系男子は自分から女性に積極的に話しかけるより、話しかけられた方が落ち着くという人が多いです。

しかしそれが災いとなり、どの女性に対してもはっきりと断ることができず、なあなあな関係になるケースも目立ちます。
意外とこういった草食系男子は、女性の連絡先をいくつか知っているなんてこともあったりします。

もし良い関係になっている女性ができた場合、そういった異性関係で誤解を招くこともあります。
来るもの拒まずのスタンスは女性から見ると、「この人は将来的に浮気するかも」と不安な気持ちを持ちます。

女性に対してNOと言えるような心構えが必要です。

まとめ

まとめ

以上、草食系男子が彼女を作る方法を紹介しました。
まずは自分がブサメンなのか、イケメンなのか自覚することから始めましょう。
そして自分のタイプを考えて、それに合った行動が望ましいです。

尚ブサメンだろうが、イケメンだろうが25歳を超えてきたら、待ちの姿勢ではなかなか彼女はできません。
積極的に行動して彼女を探していきましょう。

草食系男子は、なかなか合コン等をセッティングすること自体が難しいです。
そういった人は恋活・婚活マッチングサービス「Mr&Miss」のように、複数の女性と交流できるサイト活用がお勧めです。

Mr&Miss(ミスターアンドミス)は写真審査がある珍しいマッチングサービスになっていますので、素敵な容姿の女性もたくさん登録しています。

こういった綺麗な女性がたくさんいるところなら、彼女をゲットしたいという本能が強く働き、草食系の自分でも思わぬ力を発揮できるかもしれませんね。
ぜひ頑張ってみてください!