周りに好きな人がいない男性必見!好きな人ができない理由と作る方法

まず好きな人ができない理由を洗い出し、そこから自分の弱点を知ることが大切です。
そして弱点を把握した上で、恋人を作るにはモチベーションを上げなければいけません。
その後、実際に行動に移すという順序が必要になります。

恋人がなかなかできないという男性は、ぜひ最後までご覧ください!

環境的問題

職場に恋愛対象者がいない

恋人ができる人は意外と「職場きっかけ」という人も多いです。
厚生労働省が発表した「結婚した相手に出会ったきっかけは?」というアンケートによると、職場や仕事で出会った人が30%ほどいることが分かっています。

いろいろな出会いがある中でこれは、「友人や兄弟姉妹を通じて」と並んでトップに位置する数値。
職場きっかけで結婚している人が多いことがわかります。

逆に考えると、真面目に仕事だけ取り組んでいるという人はなかなか出会いのきっかけが生まれないのも事実でしょう。
例えば、男性ばかりの職場、中高年が多い職場、既婚者が多い職場などにいると、職場恋愛はなかなか厳しい状況です。

仕事が忙しい

仕事が朝から晩までびっしりと詰まっている人は、なかなか出会いのきっかけを見つけにくい状況です。
例えば、朝から営業の仕事で外回りに出かけていて残業は当たり前。
家に帰ってくるのは、夜12時近くなんて人もいます。

そうなると、そこから婚活するだけの気力が残っていないという人も多いです。
一時的な忙しさなら仕方ありませんが、日常的なオーバーワークになっていると、それは出会いの妨げになっている可能性が高いです。

そういった状況は、会社側も改善に向けて努力しているとは言えないでしょう。
転職などを含めて生活環境を見直した方が良いかもしれませんね。

充実したライフワークを送るにはプライベートな時間も大切です。

性格的問題

惚れ体質ではない

好きな人ができない人の特徴として、「惚れ体質ではない」というケースが非常に多いです。
つまり、好きになるまで時間がかかるタイプです。

そういった人は合コンや婚活パーティーに行っても直感的に人を好きになることがないため、なかなか恋愛に発展しないことが多いです。

当然自分が好きになるわけではないので、好きになってもらえる確率も低くなります。

そういった人はじっくりと時間をかけて恋愛できるようなもの(趣味のサークルやSNSなど)から始めた方が良いかもしれません。

確かに人間は1回会ったり、見たりしただけではまだ警戒心などもあって、人に心を許さない傾向があります。
それが2回、3回と会ううちにだんだんと本質的な部分が見えてきて、良さを実感します。

最初は良いと思えなかった人もだんだんと見慣れてくると、「あれ、意外といいかも!?」と思うことがあるでしょう。
その感覚に似ているかもしれません。

直感的な判断が迫られる合コンなどはやめて、じっくりと相手を見極められる恋愛を探しましょう。

対人コンプレックス

恋人ができない理由の一つとして、対人コンプレックスが挙げられます。
「人と会って話すとつい緊張してしまう」、「いつもの自分が出せない」、「無言になってしまう」など。

今まで何かトラウマがあったり、嫌な思いをしている人ほどそういった傾向が強くなってしまいます。

また男子校で育ったケースは異性に対してのコンプレックスが強く、コミュニケーションが難しいという男性も多いです。

対人コンプレックスは何か特別治療法があるわけではありません。
まずは身近で気を許せる人と話すことから始め、徐々にその友達の彼女、などと話せる範囲を広げていくと良いでしょう。
その結果、いつの間にか女性とも話せるようになっているはずです。

自分に自信がない

好きな人がなかなか出来ない人は、自分に自信を持てない人が多いです。
嫌われることに対しての恐怖心があり、なかなか勇気が出ないという状況。

嫌われるぐらいだったら1人でいたり、友達と遊んでいる方が楽しいという考えに行き着いてしまいます。

ただ、それは自分に完璧を求めすぎです。
どんな人でも欠点はありますから、自分を変に悲観的に見る必要はありません。

「自分のことを好きになってくれる人もいるはず」と前向きにチャレンジしていけば、恋人を見つけられる可能性も広がっていきます。

恋人を作るにはモチベーションを上げる

テレビや映画で刺激を受ける

悲観的なことばかり考えていても恋人はできません。
それなら何かをきっかけにモチベーションを上げていく必要があります。

その一つがテレビや映画です。
例えば素敵な恋愛映画を見て、「自分もこうなってみたいな」などと考え、行動に移す人もいます。

中にはノンフィクションの恋愛映画もありますから、そういったものを見ると俄然やる気が出てくるかもしれません。
「こんな難しい状況でも恋人が出来て、結婚できるなら自分でも何とかなるはず!」と改めて自分を奮い立たす材料になりますね。

また、テレビでは告白を応援する番組などがお勧めです。
これまで一度も女性に告白したことがないという男性をピックアップし、そのドキュメントとして放送するような番組が時折ありますね。

改めて、「自分もこういった勝負をしなきゃいけないんだな」と考えさせてくれます。
その結果振られたとしても、こういった行動を起こすことが大事なんだと改めて感じさせてくれるはずです。

恋愛中の友達に刺激をもらう

彼女がいる友達と話すことで何か刺激をもらったり、自分も彼女が欲しいなと感じることがあります。

例えば、その友達から彼女と温泉に行った話、遊園地に行った話などを聞かされるとうらやましいという気持ちと、悔しいという気持ちが出てくるはずです。

また、友達と遊んでいて夕方頃になったら、「この後彼女と会うからごめんね!」などと切り上げられると、それも非常に悔しい気持ちになります。

しかしこういった「悔しい」、「うらやましい」という気持ちを持つことこそが、自分のモチベーションを上げるきっかけになります。

特にカップルイベントがあるシーズンなどは自分をないがしろにされて、友達は彼女を優先します。
そういった振る舞いを見ているだけでも、「自分も同じような状況に早くなりたい」と思うはずです。

恋愛中の友達に会うことで、「今のままではダメだ」という認識を改めて強く持つことができます。

デートスポットにあえて1人で行く

デートスポットに行けば当然カップルだらけの状況になります。
そういった場所に1人で行くことで淋しさが増幅されます。

特に冬のイルミネーションはカップルだらけです。
そういった場所に1人で足を運ぶと、「自分は1人で何をしているんだろう」と凹んだ気持ちに・・・。

「来年こそは絶対に彼女と来てやる!」と決心し、彼女を作りたいという気持ちが今まで以上に強くなるでしょう。

自分をあえて辛い状況に追い込むことで、自分自身を奮い立たせる効果が期待できます。
男友達と家で遊んだり、人目を気にしないような場所で遊んで逃げてばかりでは良くありません。

あえて自分を惨めな思いに晒してみてはいかがでしょうか。

実際に恋人を作るには

SNSは安全?

ここまで、好きな人ができない人の特徴などを挙げてきましたが、共通するのは「人見知り」ということではないでしょうか。

そんな人に「合コンに行け!」、「婚活パーティーに行け!」などと言っても実際に行動を起こす人はごくわずかでしょう。

「そんなこと、できるなら言われなくてもやってるよ」と思うだけです。

では、人見知りの人がどうやって恋人を見つけるか。
時間をかけてじっくりと考えるならSNSと婚活サイトが挙げられます。

SNSは今多くの人が利用していますから、出会いのきっかけには良いコンテンツです。
SNSでやりとりを何回も行ってじわじわ仲良くなっていき、「それなら今度実際に会ってみませんか?」などと話を発展させるのも悪くないです。

ただ、SNSのデメリットは危険なリスクもあるということ。
どんな人が潜んでいるかわかりませんから、自分が思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

例えば、

「とんとん拍子で会うことになったけど、実は悪い人が絡んでいて、お金を巻き上げられた」

「なんか誘われてついていったら高額な請求をする怪しいセミナーだった」

こんなトラブルもないわけではありません。
また、最悪、暴行などの危険性もあるので声を大にしておすすめできるものではないのも確かです。

婚活サイトなら安心

じっくりやりとりをして相手を見極めたいなら婚活サイトがお勧めです。

なお、婚活サイトは必ず有料のものにしましょう。
安全性やサイトの運営する質を考えると、無料はお勧めできません。

婚活サイトはSNSとは違い、婚活サイトに登録している人全員が、恋人が欲しいと思っているわけですから、それだけチャンスはあります。

それにサイトに登録する際は、個人情報も登録しているのでトラブルが起こる可能性は極めて少ないです。

相手の顔を見て判断しても良いですし、会話の中で性格を見極めても良いでしょう。
会ったその日に判断しなければいけない合コンなどよりは、人見知りの方に向いている出会いの方法です。

まとめ

以上、好きな人ができない理由、そして恋人を作る方法を紹介しました。
まずは卑屈にならないで、前向きなマインドを意識することです。
モチベーションを高める行動を起こして、実際に恋人探しに励んでみましょう。

なお、婚活や恋活サイトは会話をまずして、最後に相手の写真を見るという人もいますが、それはやめた方が良いです。

やはり人間の心理として、見た目(ルックス)も意識してしまうので、最後にタイプじゃなかったときのガッカリ感はかなり強いです。

そうならないように最初から写真を公表してくれているサイトを選ぶのがおすすめです。
例えば、恋活・婚活マッチングサービス「Mr&Miss」

こちらは登録の際の写真提出が必須で、女性は容姿端麗な人が登録条件にもなっているので、相手のルックスを意識したい男性には非常に魅力的なサイトになっています。

見た目を考慮したい人はぜひチェックしてみてください!

×BannerBanner