女友達と付き合う方法。友達から恋人になるのは無理?できる?

友達の定義ってあいまいですよね。男女共に友達は多い方がプライベートは楽しいし、飲み会やレジャーなど気軽に出かけることができます。

でも、異性の友達の扱いには困ってしまうことがありませんか?

最初はただの女友達だったのに、気が付いたらなんだか気になる存在になっていた…そんなこともあるでしょう。

今までの関係を壊したくないけれど、どうしても恋人になりたい!と思ったら、行動するしかありません。

女友達に恋人として付き合ってもらうことは、現実的に可能なのでしょうか。

女友達は微妙な存在!

会社の同僚などと違い、プライベートで接する異性である「女友達」は男性にとって微妙な存在です。仕事仲間なら恋愛要素を一切考えず付き合えますが、友達となると親密さが違います。

中には女「友達」は一人もいない、女性と友情は成り立たないから全員が恋愛対象だ!という男性もいるようです。もちろんその逆で、女性でも男「友達」はありえない(全員彼氏候補になりうる)というタイプもいます。

ただの友達、されど異性

男女問わず友達であることに違いはありません。ただ、異性となると本当に微妙な存在です。

どのカップルも最初からいきなり恋人になるわけではありませんから、性別の区別なく友達として関係を築いていくことになります。このため、女友達・男友達は共に「今は友達だけど、将来は恋人候補になりうる」と言うことが出来ます。

ところが、関係が長くなるとそう簡単にはいきません。

人柄が分かりお互い気心が知れてくると、女性は結構シビアに「彼氏としてアリかナシか」に振り分けてしまうのです。

もちろんナシの領域からアリの領域に変わる可能性もありますが、あまりに長く友人関係が続くと、なかなか異性として意識してもらうことが出来なくなります。

お互いの「特別」になれるかどうか

異性にモテるのは悪いことではありませんから、たとえただの女友達だとしても「彼氏としてアリ」な部分に食い込んでおきたいもの。女性は一体どこでアリナシの区別をするのでしょうか?

それはずばり、ドキドキできるかどうかです。

異性として意識してしまう瞬間があれば、女性はかならずドキドキします。分かりやすい男らしさは男女の体格差や腕力の違いだったり、身長差などでしょう。

しかし、ドキドキするのは外見だけとは限りません。

自分の得意ではない分野を軽々とやってのけたり、知らないことを教えてもらえたり。人として尊敬できる部分があれば、女性は男性にときめいてしまうようです。

お互いのことを尊敬できる部分があった上で、恋人になるためにはさらに「特別」というポジションを狙う必要があります。

ただの友達から恋人になることは可能!

結論から言えば、ただの友達から恋人になることは十分可能です。

ただし最初の立ち位置がどこからスタートするのかによって、難易度に差があります。

最初から異性としてある程度意識してもらえているなら、アプローチすれば女性もあなたが気になる存在になるでしょう。

しかし、あまりに気心が知れている時は、今までと違ったギャップを演出しなければなりません。

お互い何の遠慮もなく下ネタを言って笑い合ったり、しょっちゅう同じ居酒屋で飲み会をしていたりする間柄では、恋人候補まで格上げされるにはかなりの努力が必要だと覚悟しましょう。

相手の特別になるためにできること

その他大勢の男友達から抜け出るためには一体どうすればいいのでしょうか?

今までの関係を壊したくないという気持ちも分かりますが、彼氏候補になるためには恐れずに行動あるのみ!

相手の特別な存在になるために、思い切って自分を変えていきましょう。

自分を変える

自分磨きは後で必ず成果が出ます。

スポーツクラブやジムでの運動は体型を引き締めてくれますし、筋肉で男らしさをアピールできるのでかなり有効でしょう。

今まで普通の体型だった人が急に筋肉質になったり、太っていた人が痩せたりすれば、その変化は必ず女性も気になるはずです。

もし見た目を変えるなら、かなり思い切って変えるつもりで臨んで下さい。

ジャージなどの楽で動きやすい服より、チノパンにシャツなどの格好の方が確実に女性ウケはいいものです。

店員さんに一式選んでもらうつもりで私服を一新したり、美容院で自分がしたことない髪型にしてみましょう。

一発芸ではないですが、習い事で何かアピールできることに挑戦するのもおすすめです。楽器や語学などの習い事は得に女性の好感度が高い分野。

ギャップを狙うならピアノ演奏、料理などの習い事が良いでしょう。

2人きりで遊ぶ機会を作る

もしいつも男女問わず複数人で集まる仲間なら、思い切って彼女だけをデートに誘いましょう。

誘う口実はお互いが友達だからこそハードルが下がります。

自分一人では観に行くのに気がひける映画に誘ってみたり、彼女が好きそうなレストランやカフェに誘ったりするのがおすすめです。

いきなり居酒屋やバーなど夜のアルコールが入る店ではなく、まず日中のデートに誘うのがベストです。

1対1なら確実に話す量も増えますし、普段大勢でいる時と違ってより親密な会話をすることができそうです。

脈アリであることを伝える

人は自分に好意を持っている人を好きになる傾向にあります。

彼女に異性として意識してもらうには、まずこちらが彼女に脈アリだということを伝えなければなりません。

よほど鈍感な女性でない限り、2人きりのデートに誘われた段階で少しドキドキしているはず。

荷物を持ってあげたり、車道側を歩いてあげたり、「あなたにだけ特別優しい」という点をアピールして下さい。

人ごみでさり気なく手を引くなど、不自然でない程度にボディタッチしてみて彼女の反応をうかがいましょう。

言われなければ気が付かないタイプの女性が相手の場合、「もし〇〇が彼女だったら毎日めちゃくちゃ楽しいだろうな」と口に出してジャブを打ってみてもいいでしょう。

あなたが相手に対して脈アリであることを印象付ければ、彼女もあなたに対して意識せざるをえなくなります。

告白は絶対に男性から!

その他大勢から抜け出して2人きりの関係を築けたら、あとは恋人として付き合ってもらえるように告白をするだけ!ここが一番緊張するかと思います。

今まで女友達だった相手に切り出すのですから、告白は男性であるあなたがリードしてもっていくようにしましょう。

女性はよほどのことがない限り基本的に受け身です。

自分から動かなければせっかくのチャンスがそのまま流れてしまうこともありますよ。

女性との間に特別な信頼関係を築けているか?

大人ならある程度自分に好意があるかどうか分かるとは思いますが、その他大勢の友人と違うということが相手にきちんと伝わっているでしょうか。

あなたにとって相手が他の女友達とは違うのだということをしっかり相手が分かっていれば、告白の成功率はグッと上がります。

一度きりのデートで舞い上がってしまい、いきなり告白しても女性はビックリするかもしれません。

「最近2人だけで出掛けたがるようになったけど、もしかしてわたしに気があるのかな?」と女性がしっかり意識するまで告白は我慢です。

また、本当に意中の女性だけ特別扱いすることが重要です。八方美人で誰とでも2人きりで出掛けていたら、相手も本気にしません。

恋愛対象として見られているか

内面も外見も努力して一生懸命アピールしたけれど、彼女からの反応がいまひとつ…。

そんな時に焦って告白しても意味がありません。

特に友人期間が長かった人は焦りは禁物です。たとえ2人だけで出掛けていても、相手はただの食事仲間だと思っていることもあり得ます。

自分が恋愛対象として見られているか確認する方法はなかなか難しいものがありますが、気を付けたいのは「欲張り過ぎないこと」です。

特別な相手であるからこそ、また会いたいと思ってもらえます。いつまでもデートを切り上げず遅い時間までダラダラ一緒にいたり、LINEで無意味なスタンプを送り続けるのはいけません。

ちょっと物足りないくらいでサッと切り上げて、「また会いたい」「連絡をとりたい」と思ってもらえるくらいでちょうどいいのです。

彼女からあなたに対して連絡や反応がある場合は、あなたのことを気にしている証拠です。

この段階になれば、あなたから潔く告白してもいいでしょう。

女性のタイミングに合わせること

いくらなんでも彼氏がいる女性に対して2人きりのデートを迫ったり、強引に告白するなんてもってのほか。

また、何回目のデートでその気になるかどうかは女性によって違います。

たとえあなたがすぐにでも恋人になりたいと思っていても、女性の中でまだそのタイミングではないと考えていることがあるのです。

女性のタイミングに合わせて告白しなければ、せっかくのチャンスを活かしきれないことになります。

付き合うほどでもないんだよなあ、程度に思っている段階で告白されたら、やっぱり女性も返事に困ってしまうでしょう。

また、彼女が明らかに他の男性に好意的に振舞っている時は、勝率はかなり低くなります。

仕事が忙しい時期、彼氏と別れた直後にいきなり、などもタイミングが悪いですよね。

2人きりの時になかなか帰りたくないそぶりを見せたり、女性側からのボディタッチが増えたなら、告白のタイミングかもしれません。

友達から恋人になれるかは自分の努力次第!

仲がいい友達が多いことは人脈に繋がります。

男女ともにたくさんの友人とコミュニケーションをとって、プライベートを充実させたいですね。

友達から恋人になるきっかけはいつでもありますし、チャンスはどこにでも存在します。

その他大勢の人と一緒にされず、異性に印象を残す努力を忘れないようにしましょう。

身だしなみを整えるとか、ちょっとした集まりでも気を抜かずに気配りを忘れないようにするなど、アンテナは常に張っていたいものです。

もし友達から恋人になりたいと思った時、最初からスタート位置が「恋人としてアリ」な領域にいられれば最高ですよね。

男たるもの、ただの友達だからと羽目を外し過ぎず、来るべきチャンスに備えておきましょう!