LINEでの告白の仕方!成功率が上がる気持ちの伝え方の秘訣

LINEでの告白の仕方!成功率が上がる気持ちの伝え方の秘訣

ここではLINEで告白するとき、いかに気持ちをうまく伝えて成功させるかを検証していきます。
LINEで告白するのは直接伝えるよりも臨場感がなく、気持ちが伝わりにくいもの。

相手によっては真剣に受けとめてくれない可能性もあるので、シチュエーションや文章はとても大事です。

特に告白する準備段階、実際にメッセージを送るときのポイント、そしてやってはいけないNG 告白についても見ていきます!

告白のシチュエーションを整える

告白のシチュエーションを整える

相手の気持ち

まず何より大事なのは、相手が「LINEで告白されるのもアリ」と考えているかどうか。

「LINEで告白なんてありえない!」
「直接言ってくれるような人じゃなきゃ嫌!」

という人も多いので、そこは事前に探っておくべきです。
告白に至るということは、それだけその人と接点があるということでしょうから、まずは気軽に日常会話の中で聞いてみましょう。

「告白する時にやっぱり直接言ってもらいたい人?それともラインとかメールでもアリな人?」

などと聞いて、もし「LINEもOK」という返答だったら後日、LINEから勝負してみましょう。
最近は出会い系サイトや婚活サイトなどで知り合って、そこから告白するという人も増えています。

そのため、LINEからの告白でも抵抗感を持たない人も増えています。
例えば、恋活・婚活マッチングサービス「Mr&Miss」のようなマッチングサイトでは「LINEからでも告白OK!」という女性が多いです。

ネットでの出会いも大きく普及した今は、LINEでの告白テクニックも大事な知識です。

相手の状況

LINE で告白する前に、まずは相手の状況を理解しておきましょう。
例えば下記のようなことがすっきりと整理されているか精査すべきです。

  • 現在彼氏がいるかどうか
  • 元彼がいる場合、未練があるかどうか
  • 現在他に好きな人はいないのかどうか
  • 仕事は忙しくないかどうか
  • その他、身内など悩み事を抱えていないかどうか

こういった状況が落ち着いていれば、恋愛モードになっている可能性もあります。
何か落ち着かない状況で告白されても、断られる可能性が高まってしまいます。

「今はそういう気分じゃないので・・・。」
「ちょっと仕事が忙しいので恋人は要らないと思っています。」
「申し訳ないけど、他に好きな人がいるので・・・。」

こういった事を言って断られる可能性もあるので注意しましょう。
特に振られて傷つきたくないと考えている人は、友達などを使って、その人の身辺調査をしておく事も大切です。

出会ってどれぐらい経つのか

LINEで告白するには、ある程度その人との時間とやりとりが必要です。

例えば知り合って1週間程度だと、いきなり告白されてもなんだか気持ちの重みを感じませんし、まだそこまで互いに心の距離が近くないはずです。

その場合もし告白しても、相手にとって断りやすいという心理状況があるため、成功率が高いとは言えません。

ある程度時間をかけて、情が入った段階で告白した方が、成功率も高いです。

出会ってから時間が短ければ短いほど軽さが残ります。
例えばナンパで告白されても、「チャラい人」、「軽いやつ」という印象しか残りませんよね。

それはLINEでも同様で、出会い系サイトなどで知り合った人でも時間をかけて告白する必要があります。
知り合ってからの期間が1ヶ月経っていても、メッセージのやり取りが少ない場合はまだ早いです。

相手が多少なりとも自分の魅力を理解してくれたな、と感じてから告白するのが理想です。

時間帯

時間帯

告白する時は、LINEを送る時間帯も考慮しましょう。
例えばその相手が一般社会人の場合、夕方5時頃に仕事が終わって、ご飯を食べ、午後8時以降だったら、気持ち的にゆったり落ち着いている時間帯でしょう。

そのタイミングを見計らって、LINEを送るようにしましょう。

ただし、夜ならいつでもいいというわけではありません。
例えばその告白しようと思っている相手がどこかに出かけていたり、何か違う物ごとに集中している可能性もあります。

ガッツリ集中してLINEできる環境でなければ、告白も希薄に映りがち。
例えば、相手がカラオケをしている最中に、メッセージを送ってしまうこともあります。

そんな時に告白してもいつ読まれるかわかりません。
それに、

「え?このタイミングでそういうこと言う・・・?」

と相手を戸惑わせてしまうだけです。
「今何してる?」、「今時間ある?」などと確認し、相手にしっかりと受け止めてもらえる状況を考慮しましょう。

相手が1人の状況で、特に何もしていないというタイミングがベストです。

告白のメッセージはこうやって送ろう!

告白のメッセージはこうやって送ろう!

いきなりではなく、流れの中で

告白までの段取りを立てておきましょう。
脈略もなく、いきなり「好きです!」と言っても、「え?何?」ということになってしまいます。
日頃のちょっとしたやり取りが終わったぐらいで、

「ちょっと話したいことがあるんだけど・・・、」

などと告白の流れにもっていきましょう。
具体的なイメージができない人のために、下記サンプル例文を紹介します。


自分「今日は仕事を手伝ってくれてありがとう!」

相手「いえいえ、どういたしまして。」

自分「いつも。○○さん(相手の名前)は、他人に気遣いができるから本当に素敵だなと思っています。」

相手「いやいや、そんなたいしたことではないですよ。」

自分「○○さん(相手の名前)さんと一緒にいると落ち着きます。
正直言うと、○○さんのことが前から気になっていました。
そういった普段の優しさが魅力的に映り、好きになってしまいました。」

相手「え?」

自分「もしよかったらお付き合いしていただけませんか?」


このように相手の良かった点を挙げてから、告白するのも一つの手段です。

マジトーンになって告白する

LINEで告白する時は、「LINEだから」という意識よりも、普通に会って告白するときと同じような感じのほうが、成功率が高いです。
そしてその告白方法は、「おちゃらけた告白ではなく、真面目なトーンの方が効果的」ということ。

例えば下記AとBの文章の場合、どちらのほうが本気度が伝わりますか?

A「なんか、○○さん(相手の名前)のこと好きになっちゃったんだよねー!
もし彼氏(彼女)がいないなら、付き合ってくれたら嬉しいなーなんて思ったり(笑)」

B[○○さん(相手の名前)のことが好きになりました。
最近はつい○○さんのことを考えちゃう時が多くて・・・。
こんなにいろいろ考えちゃうなら、思い切って告白した方がスッキリすると思ったんです!付き合ってください!」

後者の方が、明らかに本気度が伝わりますよね。
ノリが軽いと、どうしても本気度が見えません。

普段おちゃらけているような人ほどマジトーンは効果的ですので、ぜひ活用しましょう。
ただ、普段から真面目なことを一言も言わないと、本気にしてくれない可能性もあるので注意しましょう。

ボイス機能を用いた告白方法

LINEは文字だけでしか相手に伝えられないと思っている人もいます。

しかし、ボイス機能を利用すれば声を吹き込んで相手に送ることができます。
普通にメッセージによるやりとりをして、最後の告白場面だけ肉声で届けるとインパクトがあります。

例えば、

「今告白しようか迷っている人がいるんだよね。」

などとメッセージで送ります。
そして相手が「誰なの?」などと聞いてきたら、

「○○さん(相手の名前)だよー!」

などとボイスメッセージで送ると、相手もドキッとします。
やっぱり文字より、声の方が相手の感情も高ぶるので効果的です。

電話と違って良いところは余計な緊張もせず、送ったリアクションをすぐに確認しなくて良いこと。

例えば電話だと気まずさや変な間が気になってしまうことがありますよね。
そういった心配をせず相手に気持ちを伝えることができます。

LINE告白でやってはいけないNG集

LINE告白でやってはいけないNG集

曖昧な表現

曖昧な表現ほど、相手にとって釈然としないものはありません。
例えば下記のような表現はやってしまいがちなので注意しましょう。

「ひょっとしたら好きになっちゃったかも!?」
「なんとなく察して欲しいなー」
「気になっている人がいるんだよね。」
「◯◯くん(◯◯さん)ってなんかほっとけない。」
「すごいいい人だよね!」

このような曖昧な表現はNGです。
また「好き」ではなく、「いい人」という意味合いにも受け取れる告白もNG。

「なんかほっとけない」という言い方だと好きなのか、それともただ単に見ていてヒヤヒヤするからほっとけないのか、よくわかりません。

曖昧な表現は照れ隠しの意味もあると思いますが、相手からすると、

「大事な場面ですら、濁した対応をする人間。」

と感じてしまいます。
告白の場面ぐらいは言い切って伝えた方が良いです。
普段使い慣れない「好き」や「愛してる」のような表現は、特に日本人だと言いづらい部分も確かにありますが、逆に言うと、そんな時だからこそ効果のある言葉です。

基本の優先順位を理解していない

人間は相手の好意を表情や発言内容、態度など全てに渡って判断します。
つまり見た目で判断できないLINEは直接会って告白したり、電話で伝えるものに比べて効果が弱いというのは、念頭においておかなければいけません。

直接会って告白して断られた場合、ショックが大きいからLINEで告白するという人もいるかもしれません。

しかし優先度はあくまで「直接>電話>LINE」の順番です。
「どんなこともすべてLINEで伝えれば良い」と考えていると失敗する可能性もあります。

ただ、ネットきっかけで出会いに発展している人は、直接会うのは逆にNG。
どんな人か分からないのに直接会いたいと思わないので。LINEで告白しましょう。

まとめ

以上、LINEで告白する時の注意点について紹介しました。
LINE での告白は、年代別に許容している人の割合が違います。

特に10代や20代前半では、「LINEでの告白もアリ」と考えているケースも高いです。
一方30代や40代は直接会って告白するのがベターと考えている人の割合が多いです。

自分の世代では、どういった告白方法が適切なのかも理解しておきましょう。