好きな女を落とす方法!片思いの女性を振り向かせる恋愛心理の極意

好きな女を落とす方法!片思いの女性を振り向かせる恋愛心理の極意

好きな人に告白するときはできるだけ成功率を高めたいもの。
いきなり「好きです」と告白するよりも外堀を埋めてから告白して、両思いになりたいですね。

ここでは同僚や知っている人など関連性が近い人へのパターンと、全く関連性がないパターンの2つを紹介します。
特に全く関連性がない人(電車でよく一緒になる人やお店の人など)は、うまく気持ちを伝えないと撃沈するパターンが多いです。
具体的な方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

返報性の原理を利用しよう

返報性の原理を利用しよう

声を掛ける

返報性の原理はどういったものかご存知でしょうか?
例えば、何か他人に奉仕してあげたら、それを受けた人が何か見返りをしてあげたくなる心理を指します。

プレゼントをあげたらお返しをする、ありがとうと言われたらどういたしましてと返答する、これもすべて返報性の原理です。

これは恋愛においてもうまく使うことができます。

その最初のきっかけとなるのが、声をかけることです。
声を掛ける内容は何でも良いです。
例えば会社の同僚なら、

「お仕事お疲れ様です!」
「いつも◯◯さんは集中して仕事して、すごいですね。」
「あんまり無理しすぎないでくださいね!」
「◯◯さんは、どんな仕事でも嫌な顔一つせず素敵ですね!」

などと声をかけるだけで、あなたに対して心を開いてくれる人が多いです。
すると声をかけられた方はあなたに対して好印象を抱くので、違うタイミングで逆にあなたに声をかけてくる可能性も高まります。

助ける

返報性の原理を一番活用しているのが、相手を助けることです。
困っている人を助けると、助けた人以上に助けられた人はそれが記憶として残ります。

「あの時、親切にしてくれたな」
「あの時、あの人がいなかったら大変だったな」

などといつまでも覚えていてくれる人が多いです。
例えば東北の震災があった時に、家のがれき処理をしてくれた人と助けられた人は今でも交流が続いているなんてニュースもありました。

もしあなたの好きな人が困っている状況に出くわしているようなら、迷わず助けましょう。
仮にあなたが助けようとしてあまり役に立てなかったとしても意味があります。

あなたの気持ち自体が嬉しいと感じるので、のちのち良い効果をもたらしてくれる可能性があります。

例えば仕事が忙しそうなら、「半分手伝うよ」などと声をかけてあげましょう。
他人が見て見ぬふりをしてしまいたくなるような場面ほど助けてあげると、助けられた方は嬉しいという気持ちが倍増します。

プレゼントする

プレゼントする

一番目に見えて効果を発揮できるのがプレゼントをあげること。
例えば、誕生日や記念日などがあれば、その人にプレゼントを贈りましょう。

プレゼントを送る効果は、単純にその物をもらえたという喜びよりも、「私のためにプレゼントを考えてくれたんだ」、「私の誕生日を覚えていてくれたんだ」と二次的な嬉しさを与える効果があります。

ただ、あまり関係性が深くないのに高価すぎるものをあげるのは控えましょう。

例えば彼氏彼女の関係でもないのに、誕生日に数万円するようなバッグや財布をあげるのはNG。
あくまでも気持ちが伝わるようなものを重視してプレゼントを選びましょう。

プレゼントが気恥ずかしい人は、旅行に行った時のお土産などでもOKです。
ただしその人のことを考えて、「この前和菓子が好きだと言っていたので、◯◯さんが好きそうなものを選んできました。」などと、その女性ならではのお土産を買っていくと効果が高まります。

好きというサインを送る

積極的に気持ちを表現できる人は、ガンガン好きビームを送っていきましょう。
例えば、相手を見つめたり、スキンシップを図るなど。

何かイベントやカラオケなどがあったら積極的に隣に座って話しかけて、好きという気持ちを行動に表すのも効果的です。
お食事会などがあれば、積極的にその人のためにサラダを取り分けるのもプラスに作用します。

とにかく好きな人のために尽くす姿勢を見せれば、どんな人でもそれに感づきます。

「自分のことが好きなんじゃないのか?」という気持ちにさせれば充分です。
そうすると自然とお互いを意識し、告白できる流れになっていくはずです。

ただし注意したいのは特に男性の場合、度が過ぎると「なんか気持ち悪い人」、「怖い人」と受け取る女性もいます。

見つめるにしても、ちょっと目が合ったら目をそらすなどした方が良いです。
目が合っても、ずっと見つめたままだと怖がられるだけです。

スキンシップも、もし自分が相手のタイプでなかったらセクハラと取られかねません。
相手の反応などを伺いながら、ちょっとずつ距離を縮めていくようにしましょう。

直接が難しい人は間接的に伝える

直接が難しい人は間接的に伝える

同僚や友達に気持ちを伝えてもらう

好きな人を振り向かせるとき、積極的に気持ちを伝えるのが苦手な男性も多いです。
そんな時は周りの助けを借りて、好きな女性を振り向かせましょう。

お勧めな方法は、友達や同僚に好きと言ってもらう方法。
自分がA君、好きな女性がBさんとしましょう。

そして同僚がBさんにこう告げます。
「営業部のA君が、君の事を好きと言っていたよ。とても優しそうな感じで話していると幸せな気持ちになると言っていた。」

このように伝えられると、Bさんも間違いなくA君を意識します。
相手に自分を異性として意識させるには、間接的に伝える方法でも十分です。

もし相手も自分のことを好きだったら、相手も積極的に話してくれるはずです。

同僚や友達に誘ってもらう

同僚や友達を経由して好きという気持ちを伝えてもらい、もし相手の反応が良いということがわかったら実際に誘ってもらい、食事などに出かけましょう。

相手が食事OKという返答をしてきたら、その段階でかなり脈ありです。
もしあなたに対して否定的な気持ちがあったら、何かしら言い訳をつけて会うこと自体を拒否されてしまう可能性が高いです。

そして同僚に誘ってもらい、複数名でご飯に行くときは相手の好みや環境を意識したお店選びが大切。
例えば自分好みの賑やかなお店を選んだとして、そのお店を女性が気に入らない可能性もあります。

お店の選び方ひとつで、その人の趣味や趣向がわかるので、もしそこで合わないと感じれば恋愛に発展する可能性もなくなります。

特に第1印象は大切なので、できればその女性の好みをリサーチし、その女性の好きなタイプのお店に行きましょう。

文章で伝える

文章で伝える

伝手になるような同僚や友達がいない場合は手紙を間接的に渡し、想いを伝えましょう。

無難な場所は机。
バッグや個人の所有物は勝手に開けられたという被害意識が働くのでお勧めできません。

あるいはその女性にとりあえず手紙だけ渡して、その場は立ち去るという形でも良いですね。

一言、「これ受け取ってもらっていいですか?」、「これ読んでください!」などと言えばOKです。

そして手紙の内容ですが、「いきなり付き合ってください!」や「好きです!」というストレートな表現はお勧めできません。

「お友達からでも良いので、こちらの連絡先に返事もらえたらうれしいです。」などと最初は敷居の低い願い(友達から)という希望を伝えましょう。

そうすれば相手もそれだったらいいかなと思い、連絡をくれる可能性が高まります。
「付き合ってください」と言われてしまうと、いきなりそんな希望に答えることはできないと思う女性も多いです。

今までのコミュニケーションで、相手も自分のことが好きだろうと確信があるとき以外は、直接的な告白は避けた方が無難です。

関係性が無い場合の伝え方とは

関係性が無い場合の伝え方とは

世間話しをする

ここまでは気になる異性と自分が比較的近い関係の場合を想定した伝え方を紹介しました。

しかし時には全く関連性がない人を好きになってしまうこともありますね。
例えば電車でよく見かける女性、お店で接客してくれる女性など。

そういったときは、シチュエーションごとに合った世間話しをするのが効果的です。
例えば電車でよく見かける女性に声をかけるなら電車の話がおすすめ。

「今日は電車遅れているみたいですね。
この電車が遅れちゃうと代わりになる手段がないから大変ですよね。
私は勤務先が◯◯なので、この電車が止まっちゃうと大変なんです。
どちらにお勤めなんですか?」

などと声をかけると自然な形になります。
お店の店員さんの場合は、下記のような話しかけ方がお勧めです。

「今日は比較的すいていますね。
いつもこの時間帯だと混んでいる気がするので。
店員さんはよくお見かけするんですけど、1日どのぐらい働いているんですか?
大変ですね。体に気をつけてお仕事頑張って下さい。」

このように話しかければ、ごくごく自然な話の内容なので違和感がありません。

急に「好きです」などと告白すると、相手もびっくりしてしまうので状況に合ったことからまずは話し始めて、あなたの存在を認知してもらいましょう。

手紙を渡す

関連性のない人を好きになった場合は、なかなか好きと伝えるのが難しい状況です。

恋愛はお互いの気持ちが通じ合って好きという感情が生まれるケースが大半ですから、急に告白されると相手にとっては唐突な印象しか残りません。

それを少しでも防ぐには、手紙で今までの気持ちを伝えるのが効果的。
例えば下記のように手紙を書いてあなたの気持ちを伝えましょう。

「急にこんな手紙すいません。
通勤時にずっとあなたを駅のホームでお見かけしていて、だんだんと気になってしまいました。

毎日お見かけする中で素敵な方だなと思うようになったので、それだけ伝えたくて手紙をお渡しさせていただきました。
私は都内の会社に通っている27歳の◯◯と申します。
もしよろしければお友達からで良いのでご連絡いただければ幸いです。

唐突なことでちょっと不安な部分もあるかと思いますので明日から通勤時間は変えたいと思いますので安心してください。以上、よろしくお願いします。」

このように手紙で不審な人物ではないということを伝えて、あなたの気持ちをアピールしましょう。

まとめ

まとめ

以上、好きな女性に気持ちを伝えて振り向かせる方法を紹介しました。
シチュエーションごとにどんな方法がベストなのか選択することも、成功率を高める重要な要素です。
また相手の性格などもありますので、ストレートに言った方が良さそうな場合は思い切って勝負してみましょう。

現時点では好きな人がいないという人は、これからの出会いで意識してみてください。
なお、これからの出会いを意識する方におすすめなのは恋活・婚活マッチングサービス「Mr&Miss」です。

こちらのサービスは写真通過者のみ登録されるマッチングサービスです。
思わず告白したくなるような女性も多いので、見た目を意識して女性を選びたい方はちょっと覗いてみてはいかがでしょう。