付き合う前のデートを成功に導く!必ず恋人同士になるためにやるべきこと

付き合う前のデートを成功に導く!必ず恋人同士になるためにやるべきこと

ここではまだ恋人関係になっていない時のデート必勝法を紹介していきます。
まだ恋人とは違い、お互いの距離感がつかめず、ちょっと他人行儀のようなデートになってしまいがちです。
ただ第1印象を良くして、振る舞いに気をつければだんだんとお互いの距離が縮まっていくはずです。

デートの際は見た目や言動など様々な部分で気をつけなければいけません。
特に最初は、第1印象によって今後につながるかどうかが大きく影響してきます。

ここでは男性目線と女性目線の両方の考え方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

準備段階で気をつけることとは

準備段階で気をつけることとは

見た目

何と言っても第1印象を決定づけるのは見た目です。
まずは服装。

服装はできるだけシックで落ち着いたものがベストです。
相手の好みもあるのであまり個性的な服は辞めて、ベーシックなものにしたほうが無難です。

初デートを機にどんなタイプが好きなのか、どんな服装が好きなのか聞いて、2回目以降のデートで徐々に変化させていくのが良いでしょう。

仮にブランドものやおしゃれな服を着ていたとしても、それが相手の趣味に合わなかったらマイナスイメージです。

そして見た目は服装だけではありません。
髪の毛がきれいにセットされているのかも重要。

寝癖があったり、フケがついていてはマイナスイメージ。
また過度に整髪料をつけてベタベタにするのもお勧めできません。

そして女性の場合は、爪やむだ毛のケアもしておきたいところ。
派手なネイルをつけていたり、爪が長すぎると男性はちょっと引いてしまうことも・・・。

そして指のムダ毛、うなじのムダ毛など、目に見える部分は意外と男性も気になってしまうのでケアしておきましょう。

持ち物

持ち物も相手の性格を把握する上で大事な部分です。
必要最低限持っておきたいものは、下記のようなものがあります。

  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • 汗拭きシート
  • ウェットティッシュ

特にウェットティッシュは意外と重宝します。
何かものを持って、ベトついた時にハンカチやティッシュではなかなか取れません。
近くに水道、トイレがないと意外と対処が面倒なので持っておきましょう。

そして上記にプラスして、あると良いのが下記のようなものです。

  • 絆創膏
  • 裁縫セット
  • ビニール袋
  • チャージしてある乗車カード(Suica、PASMOなど)
  • 小銭
  • スマホのGoogleマップアプリ

ちょっと怪我をした時に絆創膏があると、心優しい印象を与えます。
服がほつれたりした時に裁縫セットを持っていると、女性的なイメージを与えることも。

そしてスマートにデートするにはチャージしてあるSuica、小銭、そしてGoogleマップなどがあると便利です。
またちょっとしたゴミをまとめるのにビニール袋があると便利です。

行く場所を調べておく

特に男性は、行く場所を必ず調べておきましょう。
どちらかというと男性の方が思考的に地理に詳しいとされています。

女性に頼るのはお勧めできません。
スムーズに誘導した方が良い印象を与えることができます。

例えば電車の時間、行こうと思っているお店の営業時間や定休日、混み具合なんかも調べておくと良いですね。

そして駅からお店までの道を、Googleマップなどを使って事前に調べておくと良いですね。
特に夏にデートする場合はスムーズにエスコートしてあげないと、いろいろ連れ回してしまうことになるので注意しましょう。
汗だくになってしまうデートはNGです。

そして実際に目的のお店に行ったら、「どんなものがオススメなのか」まで調べておくと、より一段とデートが楽しくなるはずです。
「ここのパンケーキは1日で1000食も出るほど人気らしいよ」などと情報があると、うれしくなる女性も多いです。

振る舞いで気をつけるべきこととは

振る舞いで気をつけるべきこととは

視線

まだ初々しい2人のデートだと、目を合わせてデートなんてできないでしょう。
かといってお互いそっぽ向いたままでは、なかなか心の距離が縮まっていきません。
適度に目を合わせてしゃべるように意識しましょう。

そしてデートで注意したいのが特に男性の場合、他人の女性に気を取られないこと。

よく街中で綺麗な女性がいると、ついついそちらを見てしまうという男性もいるのでは。
しかしその視線をデート中の女性が見ている可能性があります。
そうなると一気に心が離れてしまうので注意しましょう。

同じ時間を共有している意識を持つには、できるだけ同じ方向を向いて歩き、目に入ったものに対して話を膨らませていくのが大切です。

例えば道を歩いていて、「ここにこんなオシャレな雑貨屋さんができたんだね。ちょっと入ってみようか!」などと話すと言葉のキャッチボールが生まれます。

話の内容に注意する

ついつい自慢話をしてしまう人がいます。

しかしこれは厳禁。
話を盛り上げようとしてオーバーに話をする人がいますが、そういった事は逆に違和感を覚えて相手が気づくケースもあります。

それ以外では他人の悪口や陰口も厳禁。
自分たちのことでなければ何でもいいと思って、他人の悪口などを言ってしまう人もいますがこれもマイナスイメージ。
自分に置き換えて、聞きたくないような話は自分もしないようにしましょう、

またその場にいない他人を褒めるのも、「自分に興味がないのかな・・・」と思ってしまうのでやめましょう。

例えば、「同僚の○○さんって、すごい頑張り屋だよね!」などと話しても、「そんなことは別に今、話さなくてもいいんじゃないかな」と相手が思うだけです。

「公共の場」という事をわきまえた行動をする

当たり前の事ですが、常識的な行動が取れない人はマイナスイメージを与えます。
例えば信号が変わる前に横断歩道を渡ってしまう行為。

「別に車が来ないから渡っちゃおうよ!」などと発言すると、「この人はルールを守れない人なのかな・・・」と相手は思います。

また映画館の席にゴミを置いたままにしたり、燃えるものと燃えないものを分けず適当に捨てたりすると、「普段からこの人はこういった行動をしているんだろうなぁ」と相手は思います。

他によくあるケースは電車で足を組んで座ったり、大きな声でしゃべったり、座り込んでしまう行為。

「直接的に誰かに迷惑をかけているわけではない」という言い訳をする人もいますが、客観的に見て良い印象を与えるわけではないので、絶対にやめましょう。

また必ずやらなければいけないというわけではありませんが、席を譲ってあげたり、エレベーターで自分がボタン付近に立ったら、他のお客さんを先に誘導して自分が最後に出るといった心づかいも見せたいですね。

好印象を残すテクニックとは

好印象を残すテクニックとは

支払い

恋人関係になる前でも支払いの場面では、男性は常におごってあげる意識を持ちましょう。
最初から割り勘が当たり前と思っていると、

「なんだかケチくさい男」
「これから先もずっと割り勘なんだろうな」

と女性に思われてしまいます。
女性はお金を出すのが嫌だというより、ケチくさい男が嫌なので男性は必ずお金を支払う意識を持ちましょう。

一方、女性の方は「奢ってもらえるのが当たり前」という感覚を持ってはいけません。
男性が「奢るよ」と言ったら、1回は払うような意気込みを見せて、それでも「奢るよ」と言ってきたら「すいません」と言って、奢ってもらうスタンスがベストです。

もしいろんなお店に行くようなら、「今回は私が払います」と自分が払う意思があることも示した方が良いです。

例えばレストランなどちょっと値が張るところでは男性に払ってもらい、カフェなどでは女性が払ってあげるくらいの心遣いがあっても良いですね。

気遣いを見せる

付き合う前のデートでは、ここが1番重要かもしれません。
自分主導のデートではなく、常に相手を意識したデートが必要。

例えば、結構歩いたかなと思ったら「疲れた?」、「ちょっと休んでいこうか?」などと声をかけて、近くのベンチで休憩をとりましょう。

また何か買い物したら「荷物を持ってあげるよ!」と男性は声をかけて、荷物を持ってあげましょう。

そして男性が声をかける際、「荷物を持ってあげようか?」と言うより、「荷物を持ってあげるよ!」と伝えた方が良いです。

疑問形で女性に声をかけると、「大丈夫です」など気を遣って断る女性もいるので、女性に気を使わせるのではなく、スパッと男らしい一面を見せましょう。

ただし何でもかんでも相手の意向ばかり意識すると、なんだか頼りない印象を与えてしまうこともあるので、ときには竹を割ったように自分の意見を通すことも大切です。

女性にも様々なタイプがいます。

  • 常に引っ張ってくれる男らしい人が好き!
  • 自分の意見もちゃんと聞いてほしい!

女性のタイプを見極め、その女性にあった対応をしましょう。

よく見せようと思い過ぎない

そして最後に伝えておきたいのは、デートで変にかっこつけたりなど良く見せようと思いすぎないことです。
結局そういった行動をしていても、そのうちボロが出ますし、自分自身も疲れます。

例えば、

  • 変に着飾った服装にする
  • メイクをバッチリして派手にする
  • 普段行かないようなお店を選んで案内する
  • 高価なものを買ってあげる
  • ブランドばかりでかためる

などです。
あくまでも自然な自分をさらけ出して、それで相手が受け入れてくれるかどうかが大切です。

まとめ

まとめ

以上、付き合う前のデートで大切なポイントをいくつか紹介しました。
付き合う前のデートは「価値観が合うかのコンテスト」のようなものです。

日頃から気遣いがあれば普段のままの自分をさらけ出すことで、おそらく相手も受け入れてくれるでしょう。
デートでしか気を使わないような人は、おそらく相手も見抜くはずです。

ただ価値感というのは人それぞれありますから、自分の考えが絶対に正しいという考えは持たないことが重要です。
相手の考えも受け入れて、お互いに考えをすり合わせていくことが大切です。

今後、新たな出会いを求めて婚活する方は上記のような振る舞いを是非意識してみてください!
下記は未婚の男女が集まる恋愛系マッチングサービスです。

恋活・婚活マッチングサービス「Mr&Miss」

男女共に写真審査通過者のみという珍しいサイトなので、容姿を重視したい方は是非チェックしてみてください!