初対面でもOK!話のネタに困らない会話術・話し方のコツ

初対面でもOK!話のネタに困らない会話術・話し方のコツ

話が続かない人、話のネタに困ってしまう人は結局質問した後の展開が読めないのが大きな要因。
話をスムーズに進める自信がないので、結果的にうまくしゃべれず、黙ったままになってしまうことが多いです。

特にその相手が初対面の人だと、何を話せばいいか迷ってしまいますね。
ここではどんな人でも話しやすいネタ、そして話し方について解説していきます。

人柄を知ってもらうテーマを選ぶ

人柄を知ってもらうテーマを選ぶ

趣味の話

初対面のケースでは、何を話せばよいか迷うところ。
そんな時は趣味の話をしてみてはいかがでしょう。

ただ趣味といってもマニアックなことを話したり、何かひとつだけの趣味を細かく説明する必要はないです。

相手が興味を示さなければ、ただの退屈な時間になってしまいますからね。
そこで下記のような話し方で、趣味の話をしてみましょう。

「元々学生時代からサッカーをやっていたので、スポーツが好きですね。けっこうジャンルを問わず盛り上がっている世界大会とかだと、大体テレビで見ちゃいます。
自分がやる趣味で言うと、食べ歩きが好きですね。
一つ好きな食べ物に出会うと、それを追求したくなって、いろんなお店に行っちゃうんですよ。
例えばカレーにハマった時は、都内だけで30店舗ぐらい行きましたね。

このように伝えると、何かしら相手の興味のあるものがいつか出てきます。
趣味をちょっとずつ喋って、相手が興味を示した時に、そのテーマについてさらに深く掘り下げる話し方をすれば、話が盛り上がってきます。
話を進めつつ、相手の様子(表情などで)を分析することも大切です。

失敗談

人は、他人の自慢話は嫌いな人が多いですが、失敗談は結構好きな人が多いです。

ただ、その失敗談も笑える範囲のものが理想。
取り返しがつかないような失敗談は、逆に引いてしまうので注意しましょう。

今となっては笑い話程度の失敗談だと、和やかな感じになるのでお勧めです。

例えば、

「ひと駅隣のお店で忘れた傘を取りに帰ったんだけど、今思えば取りに帰る交通費の方が傘より高かった・・・。(苦笑)」

「父親は本が好きで、自分も本が好きなんだけど、本屋の恋愛小説コーナーで親父と出くわしてしまった。すげー、気まずかった・・・。(苦笑)」

「家に帰ったら、家の鍵を会社に忘れてるのに気づいたので会社に取りに帰ったら、会社も閉まってた・・・。」

など若干、哀愁が漂うぐらいの失敗談は相手もクスッとしてしまうのでお勧めです。
テレビでもちょっとネガティブなキャラクターの人や、ネガティブなネタの方が、笑いが生まれますよね。

これは、「こんな人がいるなら自分も大丈夫」という安心感、安らぎを与えるのが理由。
失敗談はいくつかもっておきたいところですね。

広がりがあるテーマを選ぶ

広がりがあるテーマを選ぶ

仕事

社会人なら仕事している人が大半でしょうから、仕事の話をきっかけに会話を弾ませることもできます。
ただその際、苦労話やプライバシーポリシーに引っかかるような発言は注意しましょう。

そしてネガティブな話ではなく、「仕事の面白さ」や「こんな職種だとこんなあるあるがある」、みたいな話の方が相手も聞いていて心地よいです。
ここでちょっとユーモアのある内容を盛り込むと、更に聞き手も聞きやすくなります。

「私は宅配ドライバーをしていて配達エリアが決まっているんですけど、そうするとその配達している人の家族に、自分の事を覚えられちゃうんですよ。
つい最近はその家族の子供に、『日曜日も配達していて大変だね。お兄さん彼女いないの?』なんて言われちゃって・・・。(苦笑)」

などと仕事に絡めたエピソードトークもおすすめです。

新しくこれから趣味にするなら

例えば趣味の話をしていて、無趣味の人もいます。
あるいは何か最近暇を持て余している人もいるでしょう。

そういった人を相手にトークするなら、「新しくこれから趣味にするならどんな事を始めればよいか」というトークテーマはお勧めです。

誰でも話すことができるテーマですし、色々相手の性格なども把握できるので話していて楽しいです。

「運動が好きならこんな趣味が良い!」
「お金をそれほどかけずにやるならこんな趣味が良い!」
「初心者でもハードルが低く、始めやすいものならこんな趣味が良い!」

などと性格や目標に合わせ、趣味を2人で話していくのも楽しいです。
これに近いトークテーマで考えると、

「もし~~するなら」、
といったことで考えると、妄想で話していいテーマになるので、話しやすくなります。

免許がない人なら

もし車の免許を取ったなら最初にどんな場所に行きたい

旅行をテーマにするなら

もしお金があったらどんな場所に行きたい

結婚をテーマにするなら

結婚するならどんな人と結婚したい

などのようにいくらでも話す話題が出てきます。
「もし~~するなら」は応用が聞くので、何回か会っている人で話す話題がなくなってきた時でも有効です。

為になるテーマを選ぶ

為になるテーマを選ぶ

ニュース

話をしていて、もし自分が話せない内容だとしても「為になったな」と思う内容なら聞いていて退屈になることはありません。

例えば、「今年は円安でうちの会社は海外からの輸入も多いから大変なんですよ・・・」、
という話は為になるトークテーマ。
こういった話を聞けると、「だったら今年は海外旅行は控えた方がいいのかな」などと自分の生活に役に立ちます。

他にも、「今年の桜は、開花が10日ぐらい遅いみたいですよ」などと聞くと、「お花見は今週ではなく来週にしようかな」などと、参考になったりします。

ニュースなら性格の合う合わないに関係なく、誰とでも話せるのでお勧めです。
日頃からニュースを意識的にチェックして、誰でも聞きやすい簡単なニュースを仕入れておきましょう。

地元ネタ

もし、出身が地方の方なら地元ネタもおすすめです。
例えば北海道出身の人が、

「札幌に行くときはこの道を通って行った方が景色も良いし、道も空いているしお勧め!」

などと言ってくれると、とても参考になりますね。
他にも地元の人ならではの名産やお店を紹介してくれると、さらに引き込まれます。

地元の人しか知らないような事を伝えると興味が湧いてきますし、「今度その土地に行った時にちょっと覗いてみよう」なんて相手が思うはずです。
また地元ならではの、変わった風習や習慣も伝えると、意外な反応を示してもらえる時があります。

「うちの地元では皿うどんにウスターソースをつけて食べるよ!」
「私の地元では、おでんをしょうが醤油で食べるんですよ!」

などとちょっと突拍子もない食べ方などを伝えると、そこからきっかけに地元トークが盛り上がるケースがあります。

ちょっと価値観や生活観が変わった話というのは聞いていて面白いです。

アプリ

今はほとんどの人がスマホを持っているでしょうから、アプリトークも簡単に話せる内容でお勧めです。
アプリは無数にあるので、自分で検索するのが大変ですよね。

そんな時に「こんなアプリがあるよ!」とか、「こんな便利なものがあるよ!」と教えてもらえると助かりますし、興味が出てきます。

特に生活に密着したもの、あるいはカメラを使ったちょっと面白いものなどが人気です。

例えばsnowも、口コミやSNSなどを中心に人気が広がったアプリ。
ひそかにブームになっていたり、話題になっているアプリの話は、特に若い世代を中心に盛り上がります。

選んではいけないテーマ

選んではいけないテーマ

自分が見た夢

最後に控えた方が良いテーマも紹介しましょう。
その代表格が、自分が見た夢。

とにかく夢の話はつまらないです。
自分が見た夢なんて自分でどうにでもできますから、聞いている人にとっても、「ああ、そうなんだ・・・」としか言えないトークテーマ。

特に初対面の人などに話すようなものではないですから、このトークは控えましょう。

自慢話

話している方にとっては、「尊敬されたり、羨ましがられるのではないか」と思って話すことが多いですが、聞いている人にとってはただのうっとうしい話にしか聞こえません。

最悪、その人の人間性まで穿った目で見られてしまうので注意が必要。
自慢するようなことは自分の口からではなく、第三者から聞いた方が良いので自分から発言するのは控えましょう。

天気

天気の話題も非常に退屈なテーマ。
「今日はこれから寒くなるみたいですよ」とか「今週はずっと暖かい日が続くみたいですね」、といった話をしたところで盛り上がりません。

そもそも最近はスマホで簡単に天気もチェックできますから、わざわざ話題にするほどでもないテーマでしょう。

言い訳

言い訳ほど見苦しいものはありません。
どんなことが理由でも、言い訳している人物はマイナスイメージしか残りません。

例えば、電車に遅れて、

「今日は電車が遅れちゃって、このパーティーに遅れちゃいました。あんまり遅れることのない列車なんですけど、今日はどういうわけか遅延してて・・・。」
こんなことを聞かされても「それは大変でしたね」としか言いようがありません。

他にも、見本を見せようとして失敗ばかりしていた場合に、
「いつもならうまくいくんですけどね・・・。今日はちょっと調子悪いかも。」

などと言い訳していると、その人とまた話したいという気持ちに相手はならないでしょう。

まとめ

まとめ

以上、話のネタに困った時に使いたいトークテーマや話し方について紹介しました。

特に大事なのは、「誰でも話せるトークテーマかどうか」ということ。
相手も思わず口を挟みたくなるような内容だと最高です。

また男性が女性に対して話す内容で困っている場合は、心理ゲームや占い、雑学クイズなどもおすすめ!

心理面を考慮した話は、女性はとても好きですし、雑学も物知りなイメージを相手に与えることができるので好印象が残ります。

例えば婚活などでは、そういった話をする男性が人気を集めているんだとか。
街コンや婚活パーティー、そして素敵な容姿の女性が集まっている恋活・婚活マッチングサービス「Mr&Miss」などを利用する時は、ぜひこの会話術を実践してみましょう。