話し上手な男はモテる!好かれる会話のテクニックを公開

話し上手な男はモテる!好かれる会話のテクニックを公開

話し上手の人ってモテますよね。
例えば、芸能界を見ても正直そこまでカッコいいというわけではないのに、話がうまい人はモテている印象があります。
ロンブーの淳さん、陣内智則さん、さんまさんなどなど・・・。

こういった面々を見ると、「話し上手は天性のもの」と考えている方も多いです。
確かにそういった側面もありますが、意識の持ち方や訓練で会話テクニックは向上していきます。
ここでは具体的な会話テクニックを紹介しましょう!

返答パターンを考えておく

返答パターンを考えておく

仕事の話

合コンや恋活で、最初に話題になりやすいのが仕事に関すること。
軽く挨拶をして、名前を聞いた後に、「どのようなお仕事をされているんですか?」などと9割がた聞いたり聞かれたりします。

何をしているか分からない人と、ずっと会話が続くわけではありませんからね。
ここで、ある程度その質問に対する返答を考えておかないと、愛想のない返答だけで終わってしまうことがあります。

例えば、あなたが相手に職業を質問して下記のような回答が返ってきたら、あなただったらさらに何と返答しますか?

「私は事務員として働いています。」
「私はアパレル関係の仕事しています。」
「私はデザイン関係の仕事をしています。」
「私は不動産関係の仕事しています。」
「私は保育士として働いています。」

こういった仕事を伝えられた時に、

「そうなんですか~、へぇ~。」
「すごいですね。」

などの返答では全く話が盛り上がりません。
その職業ごとに、さらに具体的な話を聞いてみるのもおススメです。

例えば事務員の場合、下記のように返答するのもOKです。

「事務員ということは、一日中デスクワーク中心ですか?肩、腰とか痛くなっちゃわないですか?自分はブラインドタッチとかできないんで尊敬します!」

「事務員の女性って大変ですよね。
自分の作業だけじゃなくて、来客者への応対とかあったりするし。
コーヒーの入れ方とか上手くなるって聞いたんですけどホントですか?(笑)」

「事務員の方って冷え性の方が多いらしいですね。
他の男性社員の意見とか聞いて、エアコンの温度調節とかもしなきゃいけないから。
特に暑がりな上司とかいると大変そう・・・。○○さんは大丈夫ですか?」

このように、そっけない返事よりも、具体的に返答したほうが「私のことわかってくれているな」、「興味を持ってもらえているな」と女性は受け止めます。

職業別にどんな状況がよくあるのか最初に理解しておけば、会話が弾みます。
他にもアパレル関係や看護師、保育士など女性が多い職業はいくつかあるので事前に調査しておくのをお勧めします。

尚、仕事の話は深く聞いた時に、あまりはっきり答えない女性もいます。
そういった女性は仕事の話はあまりしたくないということですから、それ以上具体的に質問するのは控えましょう。
違う話に切り替えるのがベターです。

趣味の話

仕事の話以上に会話が難しいのは趣味の話です。
趣味の話は、人によってはちょっとマニアックな趣味を持っていることもあります。

そういったマニアックな話は、知らないのが普通なので普通に質問する形で問題ないでしょう。

例えば、女性が「○○というバンドが好きです」と話したとします。

しかしマニアックなバンドすぎて、あなたは知らないという状況。
こうなると返答に困ってしまいますね。
そんな時はそのバンドが徐々に把握できるような質問をしてみましょう。

「そのバンドは何をきっかけに知ったんですか?」
「どういったところでライブしたりするんですか?」
「系統としてはどんな感じのバンドですか?」
「どういったファンが多いんですか?」

内心はさほど興味がないと思っていても、バンドについて質問してみましょう。
その返答次第では、相手の思わぬ部分を再発見できる可能性があります。

「こんな見た目の人が好きなのね。」
「こんな歌詞を書くようなバンドが好きなのね。」
「意外とライブに出かけたりなど、アクティブな性格なのね。」

などと把握する事も出てきます。
興味がないから質問しないという事ではなく、「そこから新たな相手の素性がわかる」という気持ちで質問していけば、自然と興味が出てくるはずです。

ここでは一例として趣味の話を取り上げましたが、他の話でも同様です。
あまり興味がないなと思っても、質問していくうちに違う部分で新たな発見があるかもしれません。

また新たな部分が分かったら、話をそっち側に持っていくこともできるので、なんとか食らいついて話を聞いていきましょう!

シチュエーションの話

合コンや恋活では、仕事や趣味の話も良いですが、「もしもこうだったら・・・」というようなシミュレーションの話もおすすめです。

これだったら何を言っても良いわけですから、会話の糸口がかなり広がってきます。
具体的には下記のような質問も使えます。

「○○さんは、もしデートに行くとしたらどんなところに行きたいですか?」
「もし1週間休みがあったら、どうやって過ごしますか?」
「将来こんな家庭を築きたいな、とかイメージってあるんですか?」
「お付き合いする人でこれだけは譲れない、みたいなことってあるんですか?」

シチュエーションの話を事前に用意しておけば、会話が途切れた時にとても助かります。
質問は相手がどんな職業だろうが、どんな趣味を持っていようが聞けるようなものを用意しておくと使いやすいです。

そして念のため、質問することの答えは自分も用意しておくのがおすすめ!
「××さんだったらどうですか?」と逆に質問してくる女性もいます。

この答えは出来れば真面目な答えではなく、ちょっとユーモアに富んだ答えを用意しておくのがよいでしょう。

例えば、「1週間の休みがあったらどうするか」という質問に、「5日間は旅行に行って残り2日は家でゆっくり過ごす」なんて回答しても、当たり前すぎてつまんないですよね。
そこで、下記のような回答はいかがでしょう。

「普段行けないような場所に行ってみたい!
例えば、ペルーのマチュピチュ遺跡とか!
それで日数ギリギリまで行って、帰りの飛行機がトラブルにあって1日追加で休みをもらって上司に怒られるみたいな流れかな(笑)
でもそれぐらいガッツリ休みを満喫したい!」

このように伝えると、「なんだかすごいアクティブな人だな」というのが相手に伝わるはずです。
真面目すぎる回答が続くと、相手もなかなかリラックスできないので、ちょっとユーモアに富んだ答えもいくつか用意しておくのがお勧めです。

返答が浮かばないときの対処法

返答が浮かばないときの対処法

同調する

色々な返答を用意しておいても、時には想像していないようなことを言われることもあるでしょう。
そういったときはとりあえず同調しておきましょう。

女性「仕事でクレーム処理とかするとき、気分が滅入っちゃうので言葉では謝っていても、まともに対応しないようにしています。」

自分「世の中、言いがかりつけて怒る人っているもんね。そういう人はそういうもんだと思って、まともに対応しないほうがいいよね。」

自分なりの意見を言おうとしなくても、同調すれば相手も「共感してもらえた」と思うので、悪い対応ではありません。

女性にとってはそういった普段のストレスを話すだけでもストレス解消になっているはずです。
そのことに対して、反論やまっとうな意見なんて求めていません。
とにかく「そうだよね」というような、同調意見を言っておけば相手も癒されます。

相手を気遣う

女性にとって気遣いを感じさせてくれる男性は好印象です。
特に返答が浮かばないなら、相手の体調や心理面を気遣う言葉を投げかければ十分です。

女性「最近残業が多くて、今週は毎日3時間も残業があったんです・・・。」

自分「そんなに頑張りすぎちゃって、体力的に大丈夫?
残業が一時的にだったらいいけど、それが常習化しちゃうと辛いよね・・・。
それだけ忙しくてもその会社が好きってことかな?」

このように相手の体調などを気遣った返答がお勧めです。
なお、こういった会話があった時に相手の環境を強く批判するのはNG。

自分「そんな会社もう辞めちゃえば?そんなに残業させるなんて、頭がおかしいとしか思えないね!」

このように強く否定してしまうと、その環境に身を置いている女性の立場もありません。
女性を気遣いつつ、悪口は言わないようにするのがベターです。

褒める

特に会話を膨らませるような返答が思いつかない場合は、とりあえず褒めてみましょう。
相手は気を良くして、さらに色々と話してくれるかもしれません。
その中で、自分でもしゃべれるような話題を見つけて質問を考える、という切り口も可能です。
具体的には下記のような流れです。

女性「デスクワークの仕事なのであったほうがいいかなと思って、日商簿記2級とファイナンシャルプランナーの資格を取得したんですよ。でもあんまり意味がなかった(笑)」

自分「いやいや、すごいですよ。そういった資格を自分は持っていないので。ファイナンシャルプランナーなんて、持っているだけでもすごいかっこいいですよね。
将来的に不動産とか住宅ローンとかプライベートな部分で関係があると思うので、活かせそうな感じでいいと思いますよ。」

このように褒めれば女性も気を良くして、さらに話を進めてくれるはずです。
また続きを話してもらって、そこから会話の糸口を探りましょう。

まとめ

まとめ

以上、好かれる会話テクニックを紹介しました。
全く無の状態で完璧な会話をするのは難しいです。
そのためには事前準備が必要。

ある程度、「こんな話が中心になるだろう」と想定して返答を用意しておきましょう。
そして会話テクニックに自信を持てたら、下記のような恋活・婚活サービスを利用してみてはいかがでしょう。

恋活・婚活マッチングサービス「Mr&Miss」

こちらは、28歳以下の女性で写真審査合格者のみが利用しているマッチングサービスです。
会話に自信が持てたら、ここにいるような美女と付き合えちゃうかも!
是非チェックしてみてください!