女性が嫌いな男性の癖(クセ)とは?気付かないうちにやっているかも!

女性が嫌いな男性の癖(クセ)とは?気付かないうちにやっているかも!

ここでは、ついつい出てしまう男性の癖(クセ)について紹介していきます。
癖は内容によってはそれ程問題ないものもあります。
しかし初対面の女性がその癖を見てしまうと、嫌悪感を持つケースもあります。

どんな癖だと嫌悪感を持たれやすいのか紹介してきましょう!

嫌われる癖 ~マナー編~

嫌われる癖 ~マナー編~

唾を吐く

時折、道でところかまわず唾を吐く男性っていますよね。
あれは非常に不快感を持つ人が多いです。
喉がイガイガして唾を吐くという理由かもしれませんが、明らかにマナーとして悪すぎます。

誰かと一緒に歩いている時にはやらない人が多いかもしれませんが、日常的に普段からやっていると、いつかその癖が出てしまうかもしれません。
もし、唾を吐く癖がある人は絶対にやらないように注意しましょう。

くちゃくちゃ音を立てて食べる

これは無意識でやっている人が非常に多いのでは。
「クチャラー」と呼ばれることもあるぐらい、くちゃくちゃ音を立てて食べる人が多いです。

自分1人だけで食べているならまだしも、彼女とデートしていたり、あるいは公衆の面前でそういった食べ方をしていると、かなり嫌悪感をもたれます。

これはおそらく子供の時からご飯を食べる時に口を開けて食べる習慣が身についてしまっているためと考えられます。
自分で意識しないとなかなか治らないものなので、「ご飯を噛んでいる時は口を閉じる」という意識を常日頃から持つようにしましょう。

くわえタバコ

「くわえタバコがかっこいい」なんていう意見も聞いたことがあるかもしれませんが、大半の女性は嫌悪感を持つ人ばかりです。

くわえタバコで何か物事をしている男性は、普段から社会のルールを守らないような傾向があります。
「ただ、タバコを吸いたいから」という考えで、周りの迷惑や危険性を全く考えていません。

他人を思いやる精神がないので、こういった行動は慎みましょう。

おしぼりで顔を拭く

これはおじさんがついついやってしまう癖ですね。
やっている行動自体がスマートではありません。

少なくとも、デート中に彼氏がおしぼりで顔を拭いたら、恥ずかしいと思う女性が大半では。
どうしても顔を拭きたいのなら、お手洗いに行ってする、あるいは汗拭きシートで対応するといった行為が望ましいです。

お店側としても、手を拭くようなイメージでおしぼりを提供しているわけですから、顔を拭く行為は控えましょう。

ドアの開け閉め

ドアの開け閉めも普段からの身の振る舞いが現れやすいところです。

  • ドアを開けっ放しにしてしまう
  • ドアを勢いよくバタンと閉めてしまう

こういったことをやってしまう人も多いのでは。
また、ショッピングモールなど人の出入りが激しいところでは後続の方を考えて、ドアを開けたまま引き継ぐといった優しさも必要です。

ドアの開け閉めは礼儀正しさが出る部分なので、もし今まで無意識だった方は改善するようにしましょう。

嫌われる癖 ~挙動編~

嫌われる癖 ~挙動編~

髪型を気にする

時折、男性で街中の鏡やお店のガラスを利用して髪型をチェックする男性っていますよね。
ああいった行為は女性から見て、ナルシストに見えるのでネガティブに捉えられてしまいます。

どうしても髪型が気になるなら、トイレに行って対処するようにしましょう。
人の目が届くような場所で常に髪型をチェックしているような男性には、嫌悪感を持つ女性も少なくないです。
また髪形を意識しすぎてジェルやワックスのつけすぎもNGです。

ポケットに手を入れる

誰かと対面してもポケットに手を入れたままの男性がいます。
印象として、

  • 礼儀正しさがない
  • 相手を敬う気持ちがない
  • 相手を下にみている

と捉えられてしまいます。
ポケットに手を入れるという行為は「身構えた心理を常に持っている」と捉えられます。

また誰かと対面しなくても、ポケットに手を入れたままは転ぶ危険性もありますし、決して良いとは言えません。

他人の女性に目移りする

女性好き男性の癖として多いのが、すぐに他人の女性に目移りすること。
例えばデートしていても、街中で綺麗な女性とすれ違う時に目がいったり、あるいは座っている女性に目を奪われてしまうといったことがあります。

こういったさりげない行動は「バレないだろう」と思いがちですが、一緒にいる女性は感づいているものです。
女性にとってはかなり不快感となるので、もしそういった意識がある男性は考えを改めましょう。

こういったことは、普段からやっているとついつい女性といる時にも出てしまうので、周りを気にせず歩くという意識を常に持つことが必要です。

貧乏ゆすり

これもよくある癖の代表例。
ガタガタと揺すると、「落ち着きのない人」、「精神的ゆとりがない人」という印象を与えてしまいます。

また、貧乏ゆすりは常日頃からストレスをうまく発散できていなかったり、欲求不満がある人が起こす行為と言われています。

例えば、順番待ちのレストランでの待ち時間。
なかなか呼ばれず、ついつい貧乏ゆすりをしてしまう男性がいます。

「なかなか呼ばれない。早くしてくれ!」という気持ちがついつい貧乏ゆすりという形になり、表れているわけです。

無意識な癖ゆえに直しにくいですが、意識しないとなかなか直らないので女性に指摘される前に改善しましょう。

顎(あご)を触る

人と話しているときについつい顎をかいたり、触りながらしゃべってしまう人もいるのでは。
顎を触るという行為は、

  • 気持ちが集中していない
  • 何か隠し事がある
  • 気を紛らわしたい
  • 面と向かって話すのが恥ずかしい

などの気持ちがあります。
また、単純に顎のヒゲが気になるというケースもあります。

いずれにしても、どんと構えた気持ちの人ならそういった行動は起こさないので、できるだけやめた方が良い癖の一つです。

まばたきが多い

まばたきが多い人は、常日頃から緊張や不安の気持ちを抱えていると考えられます。
また嘘をつくときや真実から目を背けたい時にも、まばたきが増えるという特徴があります。

単純にドライアイでまばたきが多いという人もいますが、それ以外でまばたきが多いなら、相手にとって気になる挙動になってしまうので、出来るだけ改善するようにしましょう。

練習方法としては、自分で鏡を見ながら文章を読むこと。
そこで、まばたきが増えすぎていないかチェックしてみましょう。

女性慣れしていないと緊張については改善できないので、多くの女性と話すことも大切です。

嫌われる癖 ~会話編~

嫌われる癖 ~会話編~

適当な返事

ついつい癖で女性と話す時、適当な返事をしてしまう男性もいるのでは。
特に嫌われるのは、下記のような返事です。

「何でもいいよ」
「どっちでもいいよ」
「好きなのでいいよ」
「自分のやりたい方でいいよ」

例えば、女性がどちらの服が良いか聞いてきた時に、「どっちでもいいよ」と答えてしまう人もいるのでは。
本当にどっちでも良いと思っていても、どちらか選択しましょう。

女性は、「どっちでも良い=どうでもよい」と解釈します。
真剣に考えていないと解釈されてしまうので差異をつけるのが難しくても、どちらか選択しましょう。

短い返事

会話の中でついつい短い返事に終始してしまった、という経験があるのでは。
具体的には、下記のような返事です。

「OK OK」
「大丈夫!」
「それでいいよ!」
「もうわかったから。」
「やっとくよ。」

このように短い会話は、ある程度長い付き合いになってくれば良いのですが、まだ出会ったばかりや付き合って間もない段階だと、「この人は愛想がない」、「適当にあしらっている」などと思われてしまいます。

「会話するのが面倒なのかな?」と思われてしまいますので、できるだけこういった短い返事は控えるようにしましょう。

曖昧な返事

曖昧な返事だと「優柔不断な人」、「白黒はっきりしない人」、「決断できない人」と思われてしまいます。
例えば、女性に「今度いつ会えるの?」と聞かれた時、下記のような返事をするのはNG。

「うーん、いつ頃になるだろうね、ちょっとわからない。」
「いつか会えるようになればいいんだけどね。」
「ある程度余裕ができたら。」
「落ち着いたらまた連絡するよ。」

このようにお茶を濁すような発言は歯切れが悪く、女性にとって好意的に受け取れません。
「将来的になかなか結婚を決断できない人なんだろうな」などと思われてしまいます。

すぐ自分に置き換える

会話をしていて、すぐに「自分だったら」、「自分の場合は」という自分主義の発言をする男性を見かけたことがあるのではないでしょうか。

相手のことよりも、常に自分優先という考えは、女性から嫌悪感を持たれてしまいます。
「こういった人と付き合っても楽しくなさそう」、「おもてなししてくれなさそう」と思われてしまうので、自分の話にすぐすり替えるのはNGです。

こういった男性は自慢が好きだったり、自己顕示欲が強いタイプです。

最後まで話を聞かない

話を最後まで聞かず、ぶった切ってしまう男性っていますよね。
話が最後、どういった結末か分からないのに、すぐに結論を出して話し始める男性。

言葉のキャッチボールができないと、女性はストレスがたまります。
まずは女性の言いたいことをしっかりと受け入れてから、あなたの意見を話すようにしましょう。

これは男性と話している時も出てしまう癖なので、常日頃から「最後まで話を聞く」という意識が必要です。

まとめ

以上、ついつい出てしまう男性の癖について紹介しました。
癖というのは大半が無意識に出てしまうものですから、その時だけ直そうと思っても難しいです。

例えば、女性と初対面の時に上記紹介したような癖が出てしまうと、それだけで敬遠されてしまう可能性があります。

まずは自分にはどんな癖が多いのか、他人からの指摘を受けて把握することから始めてみましょう。

そして癖を改善し、女性と話してみたいということならこちらがお勧め!

恋活・婚活マッチングサービス「Mr&Miss」

こちらのサイトは一般のサイトと異なり、写真審査があるという珍しい恋活・婚活マッチングサイトです。
自分の悪い癖を克服できたら、ぜひ美しい女性と出会ってみましょう。