儲かるネットビジネスの種類3選!起業・副業で稼ぐ方法と秘訣

儲かるネットビジネスの種類3選!起業・副業で稼ぐ方法と秘訣

ここではネットビジネスで人気がある3つの手段を紹介していきます。
ネットビジネスでは稼ぐまでのリターンが早いもの、稼げるまで時間がかかるものなど様々あります。
またちょっと難易度が高いものもあり、初心者が0から始めるには難しいビジネスも存在します。

3つの方法を詳しく解説していくので、自分に合っていそうなものをぜひ実行してみましょう。

アフィリエイト

アフィリエイト

どうやってやるの?

アフィリエイトはサイトを作ってそこで商品を紹介し、その売り上げに応じて、成果報酬をもらえるネットビジネスです。

ここで疑問に思うのは「サイトやブログはどうやって作るの?」、「商品はどうやって紹介するの?」という疑問。

初心者が手っ取り早く始められるのはブログです。
ブログだったらHTMLなどの難しい知識は不要。

簡単にブログを開設し、広告となる商品をペタっと貼り付けることができます。
ただし、ブログの中には広告の貼り付けが禁止されているケースもあるので注意しましょう。

ある程度サイトに関する知識があるなら自分でサイトを作成し、さらにドメインを取得し、サーバーも借りて完全オリジナルサイトを作るのがおすすめ!

無料でサーバーを貸りる場合、どうしても広告などが勝手に入ってしまうので将来的に長く続けたい人は自分でサーバーを借りて、ドメイン取得して行った方が良いです。

ここではサーバーやドメインの詳しい説明は割愛させていただきますが、どちらも最安値だったら年間1000円以下で利用できるので、ランニングコストとしてもそこまで費用がかかるものではありません。

稼ぐには?

アフィリエイトで稼ぐには初級編として、Amazonや楽天がおすすめです。
大きく稼ぐことはできませんが、比較的簡単に商品が売れるので、「稼ぐ」という感覚を得るには良い広告です。

例えばあなたが楽天で買った商品が気に入ったとしましょう。
その商品の良い部分、悪い部分はすでに使用してわかっているはずです。

そういったことをブログやサイトに詳しく書いていきます。
そして最後に「こちらで安く買えますよ」などと誘導文を用意し、楽天へのリンクを用意します。

そしてあなたのサイトやブログを経由して商品を買ったら、あなたに成果報酬が支払われるという流れです。

ちなみに楽天やアマゾンの良いところは仮にあなたのサイトを経由して、違う商品を買っても成果報酬になります。

例えば、あなたが炊飯器を紹介しているのにもかかわらず、サイト閲覧者が電子レンジを買ったとしても、あなたの成果報酬になります。
おそらくサイトやブログを始めて数ヶ月以内にすぐ成果報酬が出るはずです。

ただ、こういった方法は正直大きく稼ぐのは難しいでしょう。
頑張ってもせいぜい月10万円ぐらい。

それ以上の稼ぎを生み出したいならサイトを運営し、高額な広告を掲載することです。

例えば、脱毛サロンやクレジットカード、化粧品などを紹介するだけで、数千円、数万円の報酬になるケースもあります。

根気が必要

アフィリエイトで収入を得るには、ある程度の期間が必要です。
早い人で半年ぐらい、普通の人でも1年以上かかるケースが多いです。

時折「3ヶ月で月30万円!」などの謡い文句でセミナーや塾へ勧誘しているところもありますが、塾に入ったから稼げるというのではなく、実際は「それ相応の作業時間が必要」なので、楽なネットビジネスではありません。

アフィリエイトは、個人的にウサギとカメのカメのようなものだと思っています。
一歩一歩の歩みが遅いですが、努力すれば最終的に大きな成果が得られるという部分が似ているのではないでしょうか。

せどり

せどり

どうやってやるの?

次に紹介したいのは、せどりです。
せどりとは、簡単に言えば転売のことです。

アフィリエイトと違って、稼ぐまでのリターンが早いのが特徴です。
初心者がまず始める場合は、何か得意分野をピックアップし、そこについて徹底的に調べること。

例えばあなたがゲーム好きだとしましょう。
ゲームはゲーム屋さん他、家電量販店、ディスカウントストア、リサイクルショップなど様々な場面で販売されています。
わかりやすく言うと、ドンキホーテやハードオフのようなところです。

そういったところに出かけ、店頭に置いてあるゲームの値段を徹底的に調べます。
販売店は、販売した当初は相場を考えて値段をつけていますが、その後は放置というケースが非常に多いです。

なので商品価値が上がっているにもかかわらず、値段はそのままということもよくあります。

例えば、そこでドラゴンクエストのソフトが2000円で売っていたとしましょう。
しかしアマゾンや楽天で同じ商品を調べたら、3500円で売っているというケースもよくあります。

つまり、市場価値と比べて1500円安く売っている状況。
この商品を買って市場に向けて販売すれば、買いたいと思う人が必ずいるはずです。
そうすれば1500円の利益が発生します。

どうやって稼ぐの?

始めた当初は、ひょっとしたら割に合わない仕事と感じるかもしれません。
例えば商品を調べるのに3時間がかかって、やっとの思いで売れる商品をゲットしたとしましょう。

しかし3時間かかって1000円の利益しか生めなかったら、時給300円ちょっと、という計算に・・・。

ただこれは最初だけで、段々と慣れてきて調べる時間も短くなってきます。
そして相場をメモしておけば、簡単にゲットできるはずです。

例えば、「モノレート」というサイトを使えば、様々な商品(家電、ゲーム、楽器等)の相場が簡単にわかります。商品名を入力し、検索するだけです。

せどりは一つの商品だけに執着するのではなく、10、20とまとめて購入し、販売した方が費用対効果も高いです。

売れるものだけを判断し、すぐに稼ぎにつながるのでアフィリエイトよりも簡単に始められます。

しかし、デメリットも・・・

アフィリエイトより稼ぐまでのスパンが非常に短いですがその分、常に活動していなければ収入を得ることができません。

例えばアフィリエイトだと、一度人気のあるサイトを作ってしまえば、ある程度放置していても勝手に商品が売れていきます。(更新しないと、徐々に売り上げは落ちてしまいますが)

それに対し、せどりは自分が活動を止めたら当然稼ぎもゼロ。
常に自分が行動を起こさなければいけないところがネックです。

また宝の山を見つけやすい環境(ハードオフやドンキホーテなどが身近にある人)の方が有利です。
行動力がある人はぜひ実践してみましょう。

ネットショップ運営

ネットショップ運営

どうやってやるの?

最後に紹介するのはネットショップ運営です。
こちらは正直若干リスクがあり、運営する難しさもあります。

ただ実際に商品を作っていなくても、ネットショップは持てます。
ここでは実店舗を持っていない人、何も商品を作っていない人向けの方法を紹介しましょう。

初心者がネットショップ運営を行う流れは、主に下記の通りです。

  1. 売りたい物の市場調査を行う
  2. 商品の仕入れ先を検討、仕入れを行う
  3. ネットショップを持つ
  4. 集客活動を行う
  5. 商品を売る

個人が始められるようなもので需要が高いのが、海外ブランドの販売です。

「海外ブランドで人気があるんだけど、日本のショップでは販売されていない」というケースがよくあります。
こういった買いたくても買えない人がターゲットになります。

現地の買い付けが難しい場合は、海外商品の直輸入できるサイト(DHgate、SaleHoo、ebay、タオバオ等)を利用して商品を輸入します。

海外ブランドを輸入して販売する場合は事前に、「購入した商品は2、3週間ほど商品発送までお時間がかかります」と伝えておきます。
そうすることで輸入までの時間がキープでき、在庫ゼロの状況をいつまでも保つことができます。
在庫を抱えずに済むので、リスクも減ります。

稼ぐには?

売る商品が決まったら、実際にネットショップをオープンしなければいけません。
そのためには、カラーミーショップなどを使ってネットショップを開業します。

カラーミーショップは、月額安いもので1000円前後、初期費用は3000円です。
毎月1000円程度でネットショップを持てますから、それ以上の売上があればプラスになります。

ただ運営当初はおそらく集客できないはずです。
無数にあるサイトの中で、あなたのネットショップにたどり着くことも少ないですからね。

そこで必要になるのが商品の充実と誘導記事。
商品が増えればそれだけサイトページ数も増えます。

サイトページ数が増え、個別商品ができれば検索でヒットする可能性も高まってきます。
また、個別商品に対するレビューや紹介記事を増やしていきましょう。

そうすることでSEO効果が生まれ、検索にヒットする可能性が高まり、集客数も段々と増えてきます。

運営面の難しさ

ネットショップで難しいのは、様々なクレームや問題をすべて自分で解決しなければいけないことです。

例えば、

  • 商品に傷が入っていた
  • クレジット決済が済んでいるのに商品がまだ届かない
  • 独自ドメインを設定したのにうまく表示されなくなった
  • 情報漏えいを防ぐためのSSL設定がわからない

サイト運営面の問題や、お客様とのトラブルなど様々な問題点に直面することもあるでしょう。
こういった危機管理能力も問われるため、生半可な気持ちではできないネットビジネスではあります。

まとめ

まとめ

以上、儲かるネットビジネス3つを紹介しました。
すぐに稼ぎを生み出したいならせどり、長期間コツコツとやる自信があるならアフィリエイト、本格的なネットビジネスに参入したいならネットショップを検討してみてはいかがでしょうか。

ネットショップで海外品を取り扱う場合、海外との伝手があると理想的です。
例えばアメリカに住む友人に商品を買ってもらってそれを日本へ発送してもらい、それを売るという方法で、ネットショップを運営している方もいます。

販売ルートさえしっかりしていれば、比較的誰でも簡単に始められます。