仕事が辛い時に知っておきたい考え方!思い込みと働き方を変える

仕事が辛い時に知っておきたい考え方!思い込みと働き方を変える

仕事が辛いと感じるときは、心の持ちようでその仕事の辛さも軽くなります。
また1人で解決しようとせず誰かの力に頼ったり、支えてもらうことも時には必要。

また、いくら気持ちを立て直そうとしても身体的、肉体的負担があるとなかなか改善も難しいです。

そういったときは心や体のケアをすることを意識してみましょう
このページを読んだ後には気持ちが楽になっているはずですよ!

メンタル的な影響を与える

メンタル的な影響を与える

達成後のことを考える

仕事が辛いと感じるのは、その辛い作業を終えた後に幸福な瞬間が特に待っていないからです。

例えば子供が美味しいケーキを食べるために親から、「その前にピーマンを食べましょうね!」なんていう事がありますね。

他にも、「馬の鼻先にニンジンをぶら下げる」なんて表現もあります。

要は、「辛いことの後にご褒美が待っていれば、その為に頑張れる」という思考が働きます。
これは脳が良い瞬間を得たいがために、今の辛い状況を緩和できるからです。

どうしてもモチベーションが上がらなくて仕事が辛いと感じるなら、何か作業後に自分へのご褒美を用意し、テンションが上がるようなシチュエーションを用意しましょう。

「得るためそれまでの辛抱」ぐらいの感覚になると、辛さがなくなってきます。

支えとなるものを手に入れる

「自分自身のため」ということだとモチベーションが上がらなくても、「誰かのため」と考えると気持ちが高ぶることはありませんか?

例えば、「自分への誕生日プレゼントを買うのは別にテンションが上がらないけど、彼女(彼氏)のためにプレゼントを考えるのはめちゃくちゃ楽しい!」、なんてことがありますよね。

あるいは、「子供へのクリスマスプレゼントはどんな物にしたら良いだろう?」などと考える方がワクワクします。

つまり、自分以外の大切な存在が身近にいれば、仕事が辛くてもそのために頑張れるという思考が働きます。

「仕事が終わったら彼女は待ってくれている」
「汗水たらして働いたこの収入で、息子にグローブを買ってあげたい!」

こういったやる気にさせてくれる存在がいるだけで、仕事の辛さも全く変わってきます。
まだ彼氏(彼女)、あるいは家族がいないという人はモチベーションを上げる一つのきっかけになるので、ぜひパートナーを探してみましょう。

為になることを探す

仕事が辛いと感じるのは、下記のようなことに該当しているからではないでしょうか。

  • この作業が今後に繋がるとは思えない
  • 単純作業でスキルがアップしない

日々同じ生活リズムで仕事をしていると、任された現場によっては単純作業の繰り返しで全く身になっているとは思えないと、感じる時があります。

ずっとその職場で働きたいという気持ちがあれば良いのですが、ステップアップしたいという方には苦痛な日々になってしまいがち。
そんな時は自分から申し出て、新たな作業を行ったり、違った仕事を受け入れる姿勢をとりましょう。

そうすることで自分自身にも新たな発見が生まれ、新たな目標やモチベーションを見つけることができます。

例えば飲食店で働いていると仮定して、いつも同じようなお惣菜しか作っていなかったのに、急にメインディッシュも任されるようになるとモチベーションが上がりますよね。

自分のスキルが上がったり、技術が増えると感じる仕事は、やりがいや生きがいを感じることができます。
そういったシチュエーションに自ら持っていくことも必要です。

肉体的・精神的変化をもたらす

肉体的・精神的変化をもたらす

エステや温泉

仕事が辛い時は、気持ちの持ちようで立て直すことができますが、人によっては辛すぎてすでに頭痛が続いたり、ストレスを伴うなんてこともあるかもしれません。

そんな時は自律神経の乱れが生じていると考えられます。
自律神経の乱れは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた時に発生するもの。

交感神経は仕事などをして集中している時に使われる神経、副交感神経は睡眠をとったり、リラックスしている時に使われる神経です。
この比率は5対5がベストといわれていますが、仕事が辛いと感じる人は7対3、あるいは8対2などで交感神経の割合が強くなっていると考えられます。

そういった状況が続いてしまうと更に頭痛が強くなったり、最悪、うつ病などを発症してしまう可能性があります。
そうならないために、まずはリラックス効果を与えてくれるエステや温泉などに行ってみてはいかがでしょうか。

緊張状態が続いていると血管が収縮し、血液の流れが悪くなっています。
エステや温泉に行くことで血管を拡張し、血液の流れを良くしその結果、自律神経の乱れを改善できる可能性が高まります。

運動をする

運動は、仕事が辛い時のリラックス法としておすすめです。
仕事を忘れ、他の事をすることで交感神経が働きます。

熱くなりすぎるタイプは逆効果ですが、楽しみながら運動をする人には良い影響をもたらします。
運動をすることでたくさんの酸素を体内に取り入れることができます。
そうすると体内の酵素が活性化し、血液中のコレステロールも減少していきます。

その結果、血液の流れが良くなるので自律神経の乱れの原因となっていた血管の詰まりを解消することにつながります。
運動は「リラックス効果」と「血流の変化」というプラス作用が2つあるのでお勧めです。

趣味の時間を増やす

脳の緊張状態が開放され、血管収縮を解放させるのが趣味の時間。
脳に全くストレスが掛からないものなので、仕事が辛い時ほど趣味の時間も確保したいですね。

ただ趣味といっても、例えば競馬や競艇など賭け事の場合、かえってストレスになることもあるので注意が必要。

副交感神経が働くのは寝ているとき、休息している時、そしてリラックスしている時です。
例えばソファーでくつろぎながら音楽を聴くというのもおすすめ。
他にも読書してお昼寝をするというのも良いでしょう。

出来るだけ体に負担がなく、神経をあまり使わないようなリラックス法だと最高です。

現実的な変化をもたらす

現実的な変化をもたらす

職場を変える

いくらモチベーションに変化を与えたり、リラックス効果があるものを実践しても変わらないのなら、現実的な変化をもたらすことも必要。

例えば退職して新たな仕事を探したり、有給休暇を取って一旦気持ちをリフレッシュさせるなどの時間が必要でしょう。

長期間仕事が辛い状況を放置しておくといつの間にか、うつ病などの精神障害が出てきてしまう可能性があります。
同じような職種であっても職場環境によって全く周りからの扱いや見方も変わってくることがあるので、現実的な変化をもたらすことも時には必要です。

ただ仕事が辛いというのは、誰にでもある場面。
その都度、職場を変えていては忍耐力がつきませんし、だんだんと転職も難しくなってきます。

自分自身で色々な改善方法を探ったり、周りの同僚や上司に相談するなどして安易に「職場を変えれば済む問題」と考えることだけは控えましょう。

部署変更を申し出る

すぐに仕事を辞めなくても部署変更で状況が一辺することもあります。
これは実際に色々な職場でも行われている対応の一つ。

自分に向いている分野や方向性が見えてきたら、部署変更することで気持ちにも余裕ができ、辛さを感じなくなることがあります。

あるいは対人関係に悩んでいて、仕事が辛いときも部署変更はオススメの対処法。
例えば、AさんとBさんの仲が悪く、仕事にも影響が出ているのでBさんを違う部署にしたというケースもよくあります。

仕事では好き嫌いなんて言ってられません。
それでも実際問題、仕事を円滑に進めるため誰かを違う部署に異動させるというのはよくあることです。

もし助け合う環境ができておらず仕事が辛いと感じるなら、部署変更を相談してみるのも良いでしょう。

マンネリ化解消

仕事が辛いと感じる要因の一つとして、「マンネリ化」が挙げられます。
「いつも同じようなルーティーンで作業して帰宅するだけ」という生活だと段々と気持ち的に落ちてしまう人もいます。

そういった時に変化をもたらすのはなかなか難しいですが、下記のようなことを実践してみましょう。

  • 営業系の仕事なら自分から新たな企画書を立案してみる
  • 会社全体の改善案などを提案する
  • 会社であまり話さない同僚を誘ってみる
  • 服装を変えてみる
  • 勤務時間や退社時間をずらして気持ちをリフレッシュさせる

気持ちの変化をもたらすことで、生活に張りが出て仕事が楽しくなっていくという可能性もあります。
いつもとは違った行動に出て、自分自身と周りの環境を変えてみてはいかがでしょう。

同じ悩みをもった人同士で会話する

仕事が辛いと感じるのは珍しいケースではなく、むしろ多い悩みです。
そういった人同士で話せる環境が今の世の中には沢山ありますから、そういった手段(SNS、サークル、セミナー等)を使って積極的にコミュニケーションを図り、相談していきましょう。

そこで自分には思いもつかなかったような解決法やリラックス法を見つけられる可能性があります。

また話すことで共感してもらい、気持ちが緩和されるという側面もあります。

実際に会わなくてもツイッターやフェイスブック、インスタなどを経由して相談しあえる人を見つけることができれば、仕事の辛さも軽減していくはずです。

慰めあうことで「自分だけじゃない」という気持ちになり、仕事への活力となります。

まとめ

まとめ

以上、仕事がつらいときに知っておきたい考え方や働き方について紹介しました。

「仕事が辛い=会社を辞める」という短角的な考えは、少なくとも最初は持たないようにしましょう。
「誰でも乗り越えなければいけない場面はくるもの」と考えれば、マイナス思考にならないはずです。

むしろ深く考えすぎずにリラックスする方向にシフトしていけば、仕事の辛さは二の次と考えられるようになってきます。

ここで紹介したいずれかを実践して、現状打破に努めていきましょう!