超速時間術であなたの仕事と人生を変える方法

超速時間術であなたの仕事と人生を変える方法

社会人として忙しく仕事をこなし、気づけばなぜか仕事場でも家でも時間に追われてしまう――そんな経験はないでしょうか。

予定どおりに捗らず、少しずつ仕事もストレスも溜まっていく……ということを避けるためにも、一日の時間の使い方を少しだけ見直してみませんか。

時間の使い方は公私ともに影響する

時間の使い方は公私ともに影響する

働く社会人は、時間の使い方が重要です。出社してデスクに向かう時間はもちろんのことですが、実はそれ以外の時間をどのように使うかで、仕事のできる人、できない人の差が格段に開いてきてしまうものです。

仕事に慣れるまでの数年、コツコツと真面目に取り組むのは大事なことです。しかしある程度社会人として経験を積んできたのなら、空き時間を使う要領の良さを身に付けることで、日々の生活はビジネスもプライベートもいっそう充実させたいところです。

例えば仕事で1日5分、時間を無駄にしてしまったとしましょう。1週間で35分。30日間で150分、つまり2時間半を浪費したとします。これはつまり、その時間分の仕事の生産性が失われているということになるのです。これが仕事ではなく私生活であれば、その時間に趣味や人と会う時間などに充てられるはずですよね。

「時間がない」と言い訳してしまう

仕事があまりできない人に限って、「時間がない」と言い訳してしまう場面に出会ったことはないでしょうか。1日24時間は誰しも平等なはずですが、仕事ができる人ほど時間の使い方が巧く、他の人よりも早く、そして多くの物事を処理できている傾向にあります。

つい「時間がない」と思ってしまうなら、時間を味方につけるつもりで一日の予定を見直してみましょう。朝、家を出てから夜に帰宅し、就寝するまでの一日の中に、有効活用できる時間が必ずどこかにあるはずです。ビジネスもプライベートも充実させる時間術を身に付けてみませんか。

一日の始まり、朝を有効に使う

一日の始まり、朝を有効に使う

「早起きは三文の徳」ということわざがあります。一日の始まりである朝は、できれば余裕を持って過ごしたいものです。ギリギリまで布団の中、ようやく目覚ましのアラームを止めて飛び起き、ネクタイも締めず朝食も摂らないままバタバタと駅まで走る……という生活リズムは身体に良いものではありません。
不健康になりがちなだけでなく、身体の乱れは仕事にも悪影響を引き起こすものです。

朝食に関しては様々なデータの情報がありますが、やはり朝食を抜いているビジネスマンは仕事の効率が悪いという結果が出ています。朝食をしっかり摂るためにも、朝は余裕を持って起床し、うまく時間を節約して仕事に向かいたいものですね。

朝起きてから家を出るまでの時短の一工夫はたくさんあります。「翌日着る服は全て決めて、夜のうちに出しておく」「やかんにはカップ一杯分の水をあらかじめ入れてコンロに置いておき、朝起きたら沸かすだけにしておく」など、前夜に少しだけ手間をかけることで、朝の時間を節約できます。
「レンジで料理を温めている間に歯磨きを済ませる」など、小さなことでも二つのことを同時に行うのも時短の効果大です。

朝活でワークライフバランスを整える

また、最近では朝活という言葉も広く浸透してきています。敢えて始業時間よりも更に早い朝の時間にある目的をこなすことを習慣化させるのも、時間の有効化に繋がります。

「資格の勉強をするために、毎朝一時間、会社近くのカフェで勉強すると捗る」「週に一度だけ三十分早く出勤する。残業をするよりずっと効率がいい」「毎朝仕事場の一駅手前で電車を降りて、運動代わりに二十分歩くようにしている。頭がスッキリしてすぐ仕事にかかれる」といった声もあります。

朝の時間を節約したり、朝の時間に有益な目的を設けることで、仕事の頭に切り替えもしやすくなるものです。こうした一工夫をするだけで、あなたのワークライフバランスが整いますよ。

意外と多い?隙間の時間にできること

意外と多い?隙間の時間にできること

通勤の電車の中、外回りのタクシーの中、休憩中に立ち寄ったお店で料理が出てくるのを待つ間など、一日の仕事の中でもスキマ時間というのは意外と多いものです。この数分から数十分のスキマ時間を大いに活用すると、日々の時短テクニックに繋げられます。

電車やタクシーの移動中などにできることとして、まずは読書やスマホの情報収集が挙げられます。極度の満員電車でなければ本を開くことはできますし、スマホなどの電子書籍やアプリも活用したいところです。

今やスマホの普及率は著しいですし、ニュースを購読できるアプリも充実しています。「プライベートの時間節約のためにも、仕事に関わるビジネス書は電車内で読むと決めている」「朝はバタバタしたくないのでテレビも新聞も見ない。移動中にネットのニュースを見るようにしている」という人のほか、「ビジネス英会話の教材アプリをスマホにダウンロードして、電車内でイヤフォンで聴いている」という人も。

時間を長く使うのではなく、短いスキマ時間を多く使うこと

スマホを使って社内でのメールのやり取りや、スケジュール確認などを移動中に済ませてしまうことは、もはや必要不可欠とも言えます。細々としたことでデスクに着いて時間を取るよりも、移動中に終わらせることで、職場では仕事に集中できます。

また、「高層階なのでエレベーターを待つ時間が長い。ボタンを押して待つ間、専門用語の単語帳を見る癖をつけている」といった例や、「外回りが多いので、信号待ちの間に軽く首のストレッチをしている」といった例など、スキマ時間は一日の中に多くあります。

重要なのは、時間を長く使うのではなく、多く使うことです。長時間の作業はかえって疲れたり集中力も切れやすくなりますよね。短いスキマ時間を多く活用することがデキるビジネスマンの工夫です。時間を作るのも大切ですが、まず一日のうちのスキマ時間にできることがないか意識してみましょう。

帰宅後の「ながら」「ほったらかし」作業で時間を確保

帰宅後の「ながら」「ほったらかし」作業で時間を確保

オンタイムとオフタイムの切り替えも、社会人としては重要なことのひとつ。仕事モードになるのは朝から終業まで。帰宅中から、特に休日は心も体も休めてリラックスしたいですよね。

それなのに、せっかくの休日も時間を多く無駄にしてしまい、なんだか休まった気がしない……というのは非常に勿体無いものです。家でのプライベートな時間も効率よく物事を片付けて、自分のための時間を多く作りましょう。

時短テクニックをフル活用しよう

家事やそれ以外のことも、適度に力を抜きながら要領よくこなしていけるものです。「テレビを見る時は、軽く掃除をしながら見るようにしている」「番組は録画して、後でCMを飛ばして見る。その方が時間の節約になる」と、ながら作業にしたり、あえて後回しにしてかかる時間を短縮するというのも手。

「麦茶をポットに作る時は水出しにする。夜に仕込んでおくだけで朝にはできている」「ハンカチを洗濯したら、畳んだ状態でピンチハンガーに吊るしている。アイロンをかける必要がなく、乾いたら外してそのままポケットに入れられる」という時短ワザを実践している人も。

また営業など外回りのビジネスマンは、スーツやワイシャツも家で賢く洗濯派も多くいます。

「ワイシャツは全て、速乾性の形状記憶シャツにする。アイロンいらずで一晩ですぐ乾く」「ウォッシャブルのスーツは洗濯機で洗えるから便利。クリーニングに出して引き取りに行く手間を省ける」など。毎日着るものや頻繁に身につけるものは、着心地だけでなく洗濯やメンテナンスの合理性も考えて選ぶとよいでしょう。

せっかくのオフタイムは、自分の趣味やプライベートのための時間をしっかりと確保したいですよね。私生活も時間節約の工夫ひとつで、充実させることができますよ。

整理整頓は時間短縮の味方!

整理整頓は時間短縮の味方!

整理整頓を心がけよう、ということはよく耳にします。ありふれた言葉ではありますが、この整理整頓は実に奥深いもので、これがきちんとできる人とできない人でビジネスもプライベートも格段に差が出てくるものなのです。

整理整頓、そして片付けと収納が細かい企業は仕事も丁寧で業績を伸ばしやすい傾向にあります。「トヨタ式整理収納」などと言われるように、有名な大企業でも片付け方や収納の仕方を細かく決めることを実践しているのです。

それと同様に、片付けがきちんとできるビジネスマンほど仕事が早く丁寧で、無駄な時間がないものです。探し物に時間を浪費するということは、その分だけ仕事の生産性が失われているということに等しいですよね。

整理整頓の重要性

整理整頓がなぜ「整頓整理」でないかというと、整理は不要なものをなくすことであり、整頓は並べ替えることを指すからです。そして収納はものの定位置を決めて守ることを指します。

デスクの引き出しに不要なものは入っていませんか?書けないペン、いつ貰ったかわからないお菓子などは処分し、出しっ放しの資料などはきちんとファイルに収めて定位置に並べましょう。仕事に使うものを厳選して自分が使いやすくすることで仕事場でのストレスを軽減できます。

「あれをどこにしまったかな」といちいち仕事の手を止めて探す時間を割いていると、どうしても集中力も切れますし、仕事の能率も悪くなってしまうものですよね。何よりも仕事場のデスクが散らかっている人は、家でもだらしないのではと思われてしまいます。

整理整頓は仕事場だけでなく自分の部屋にも活かせることです。きれいに片付けて収納することを心がけるだけで、自分の居場所が心地良くなるだけでなく、家の中でも探し物に無駄な時間を使わなくてよくなります。

整理整頓を心がけることで、職場では仕事の生産性が上がり、家ではリラックスすることができます。どんどん実践して、ビジネスもプライベートも時間を確保しましょう。

まとめ

何かをするための時間を作るのではなく、毎日の中に隠されているスキマ時間を有効に活用することで、仕事もそれ以外もスムーズにいくものです。

時間術は決して難しいことではありませんので、小さなことから実践していきませんか。スキマ時間を味方につけて、周囲に差をつけましょう。