恋人が欲しい男性がおひとりさまを卒業する秘訣!

恋人が欲しい男性がおひとりさまを卒業する秘訣!

ここでは、「恋人が欲しいけど、なかなかおひとりさまから卒業できない」という男性に向けて参考になる情報を紹介していきます。

最近は草食男子も増えてきているので、おひとりさまは決して珍しいことではないです。
それを実証するデータがあります。
厚生労働省は1980年代から交際相手の有無について調査してきています。

1980年代は「交際相手なし」と回答した人が36.8%にとどまっていましたが、2010年代に突入すると、その割合が62.2%までアップしています(男性の場合)。

半分以上の人が、恋人がいない状況ですから、それが当たり前と思ってしまっている男性も多いかもしれませんね。

しかし、将来のことを考えるといつまでもそれで良いと思っている人が多いわけではありません。
おひとりさまを卒業するには、どうすべきか見ていきましょう!

おひとりさまを卒業できない人の特徴

おひとりさまを卒業できない人の特徴

今のままで満足してしまっている

恋人がいないことに対して焦りがなかったり、むしろ1人の方が気楽でいいと思っているタイプが多いです。
焦燥感がないですから特に気落ちすることなく、日々淡々と暮らしているというケースが多いのではないでしょうか。

しかし、これはある意味一番危険な状態。
数年後にやっぱり恋人が欲しいなと思っても適齢期を過ぎてしまって、自分が恋愛対象になれないということも出てきます。

30代であれば、まだまだチャンスもありますが、40代、50代になっては、もはや相手を選ぶ選択肢もないぐらいです。

「今に慣れることは結婚の可能性がだんだんと減っている」、ということも理解すべきです。

傷つきたくない

「振られて傷つきたくない」という心理から、行動におよび腰になっているおひとりさまも多いです。

「申し訳ないけど、あなたとはお付き合いできません。」
「ちょっと性格的に合わなそうな感じがして。」
「私以外の方が合いそうな気がします。」

いろいろと理由をつけて振られてしまうと、やっぱり精神的なショックは計り知れません。
恋活しなければ、そういった嫌な思いもしなくて済みますからね。

ただ、「傷つきたくないということは交際に発展するチャンスもない」ということです。
現状維持ではあるものの、それ以上の変化はないでしょう。

将来のことを考えると今行動しないと選択肢が減ることは確かです。

ネガティブ思考

おひとりさまから脱却できない人は、ちょっとネガティブ思考なところがあるのではないでしょうか。

「ひょっとしたら、気持ち悪いとか思われているのかな」
「しつこいと思われているのかな」
「積極的にアプローチしたらストーカーと思われそう」

このようにちょっとネガティブな感情を持ってしまう人が多い傾向にあります。
ただ、いちいち気にしていたら、何の行動も起こせません。

もし自分のアプローチの仕方が悪くて変な目で見られるようなら、今後はそういっ行動を控えるように改善すれば良いだけです。
そうすれば自分の行動や振る舞いに自信が出てくるはずです。

すぐ他人と比較する

おひとりさまの人は自分に自信が持てず、すぐ他人と比較してしまいがちです。

例えば、男女2人ずつで話していたとしましょう。
その中に気になる女性がいたとしても、「たぶんあの女性は自分よりも、もう1人の男性の方がいいと思っていたはず」、などと行動を尻込みしてしまうことがあります。

他にも職業や年収、身長、容姿など自分に少しでも劣るところがあると引け目に感じて消極的になってしまいがちです。
しかしそういったことを常に考えていたら、行動に制限が出てきてしまいます。

女性は男性を判断するときに容姿だけでなく内面も見てくれる女性もいますから、いちいち他人と比較する必要はありません。

現実的な問題を整理する

現実的な問題を整理する

1週間の行動を分析

おひとりさまは、おひとりさまになってしまいがちな行動パターンがいつの間にか染み付いてしまっている可能性があります。
まずは1週間の行動を自分なりに分析してみましょう。

  • 月曜から金曜まで朝仕事に行き、そのまま夜に帰宅
  • 土曜日はテレビを見て、1日ダラダラと過ごす
  • 日曜日は買い物に出かけたり、ドライブに出かけたり、趣味の時間に費やす

こういった日々を繰り返す中で、自分に出会いのチャンスがあるのか分析します。
この行動の中で出会いの可能性があるものと、可能性がないものが分かってきます。
それを自分の中でまず分けてみましょう。

【出会いのチャンスがある場所】

  • 職場
  • 趣味の時間

【出会いのチャンスがない場所】

  • 家でダラダラ過ごす
  • ドライブに出かける

分析し、出会いのチャンスがないことは極力避け、出会いのチャンスが拡がる行動へと変換してきます。

職場で出会いのチャンスがある場合

今まで仕事は仕事と割り切り、会社の異性に対してあまり積極的になっていないという男性もいたのではないでしょうか。
しかし、厚生労働省の調査でも明らかになっているように、約3割ほどの既婚者は職場での出会いがきっかけになっています。

社内恋愛を厳しく禁じるというのはいまどきそんなに無いでしょうから、もし気になる異性がいたら積極的に話したり、連絡先交換することも悪くありません。

もしあまり話したことがないという女性だったら、第三者を経由して話をする場を設けてもらっても良いですね。
会社も出会いの場と考えてみてはいかがでしょうか。

趣味で出会いのチャンスがある場合

趣味きっかけで出会いに発展することもよくあります。
具体的には、下記のような場所で知り合いになって交際に発展したというケースもあります。

  • ジム通い
  • 英会話教室
  • セミナー
  • イベントなど

例えば同じジムに通っていて、毎回顔を合わせる人だと徐々に挨拶を交わしたり、気軽なトークをするという人もいます。
1時間のジムレッスンなどの場合、共同作業になるので話す機会も出てくるかもしれません。

あるいは、ジムの先生と仲良くなるということもあり得ます。
同じ場で、同じことを共有すると、出会いに発展することがあります。

また英会話やセミナー、イベントなども同じ目的で集まっている人、同じ趣味で集まっている人がそこにいるわけですから、当然話も合いやすいです。

男女同じぐらいの比率で集まる場は、実は出会いを意識して来ている人もいます。
狙い目なので、チャンスを伺ってみましょう。

成功するための準備をする

成功するための準備をする

お金を準備する

大人になってから恋人が欲しいと思った場合、いかなる方法を考慮するにせよお金がかかります。
合コンに参加したり、恋活・婚活パーティーに参加したり、サイトを利用したり。

職場の同僚を誘うにしても、最初のお食事代くらいはやはり男性が出したいところですから、全くお金がかからないという方法はないでしょう。

いきなり割り勘の男性がいたら、ちょっと冷めてしまう女性もいますからね。
女性はお金を出したくないというわけではないですが、ある程度は男性に余裕があるというところも見たいので、いきなり割り勘の男性は「ケチくさい」、「ゆとりがない」という印象を持ちます。

会話を準備する

コミュニケーション能力に優れている人は別ですが、おひとりさま状態が長く続いた人は異性と何を喋って良いかわからないという人も多いです。
その場で言葉がうまく出てこないということもありますので、何をしゃべるか以前に話題を用意しておくのもお勧めです。

自分の話でも良いですし、相手の話をうまく聞き出す方法を考慮するのも良いですね。

例えば相手が、

「料理が得意」
「カフェが好き」

と言った場合に、どんな料理が作れるのか、どんなカフェを知っているのかなど、と話を膨らますイメージを作っておきます。
話が合えば、「今度ぜひそのカフェに行ってみたいですね」、などと話が盛り上がる可能性もあります。

料理やレストラン、カフェ、旅行などの話はよく出るので、事前に準備しておいても損はないでしょう。

自信をつける

事前準備として、自分に自信をつけるような準備も必要です。

例えばドライブの話が出た時に、

「実は私、車の免許持っていないんです」
「車はほとんど運転しないんで」

このように伝えてしまうと話がそれ以上盛り上がりませんし、「この男性は車がないのか・・・」と落胆してしまう女性も出てきます。

自信を持てる要素として、免許や資格も有効です。
運転免許以外にTOEICやパソコン関連等の資格があると尊敬の眼差しで見てもらえるでしょう。
何か特定の分野に詳しければ、もっと話を聞いてみたいという女性も出てくるはずです。

成功のマインドを作る

成功のマインドを作る

今でなく未来を見る

今はひとりで特に寂しくなくても、40歳になった時、50歳になった時も1人で良いのかということを真剣に考えてみましょう。
胸を張って「1人でも幸せ」と言い切ることができる人は少ないのではないでしょうか。

将来のことを考えたら、逆算していくと早い行動に出た方が良いのは間違いありません。

それに若いうちのほうが行動的になれます。
年齢を重ねてから失敗するのは、心も体もしんどいです。

「辛い思いをしたけど、結果的に良かった」という近未来があると考えましょう。

失敗している人が多いことを理解する

「誰かに振られて嫌な思いをしたくない」などと考えていても、消極的になるだけです。
そもそも多くの男女がいる中で、両想いになれる可能性の方が低いので失敗ありきで恋人探しをすべきです。

確率の問題で、合コンや婚活に1、2回だけ参加するより 10回参加したほうが、チャンスがあるのは明白です。
失敗した事をいちいち気にするのではなく、切り替えてチャンスを待てる人の方がうまくいきます。

自分より劣ってる人がいる

恋活・婚活パーティーなどに参加するとわかりますが、「正直、これでは到底彼女なんて出来ないだろうな・・・」と思えるような人も参加しています。

結構なおじさんだったり、頭が薄くなってしまっていたり、明らかな○ブだったり。

「こんな人も参加しているんだから、自分はいつかうまくいくだろう」と前向きな気持ちになってきます。

見下すというわけではありませんが、安心感やゆとりが出てくるのも事実です。
そもそも婚活に参加する男性は、そんなに容姿に優れた人ばかりではありませんからね。

「こんな人がいるんだったら自分には絶対チャンスがあるはず!」と勇気が湧いてきます。

まとめ

以上、恋人が欲しい男性がおひとりさまを卒業する秘訣を紹介しました。
メンタル的なことも大事ですし、現実的なチャンスを増やすことも大切です。

あとシビアなことですが、やはりお金があるに越したことはないので資金面の準備もしておきましょう。

ただ、「誰でもいいわけではない、やっぱりある程度容姿が良い女性と付き合いたい」という男性も多いでしょう。
そんな方は下記のサイトで、出会いの機会をうかがってみてはいかがでしょう。

恋活・婚活マッチングサービス「Mr&Miss」

恋愛系のサイトでは珍しく容姿が登録条件となっています。
上手くいけば素敵な女性とカップルになれるかもしれませんよ。