出会いのきっかけがない!男性社会人の彼女の作り方

出会いのきっかけがない!男性社会人の彼女の作り方

厚生労働省の発表によると、結婚した夫婦が出会いのきっかけとして挙げた意見で、「職場や仕事」という意見が非常に多いことがわかっています。
およそ30%程度で、「友人や兄弟の紹介」に並んで高い比率となっています。

これだけ高い比率で結婚している人がいるわけですから、やはりまずは職場に目を向けるべきでしょう。

そして職場でどうしても出会いがない場合は、他の部分で探していく必要があります。
社会人男性の出会いのきっかけについて検証していきます!

職場で出会いを探すには

職場で出会いを探すには

協同作業で仲を深める

もし異性を意識するような同僚がいるなら協同作業を行って、仲をより一層深めていきましょう。
例えば、同期入社や年齢が近い同僚とは、プライベートな話もしやすいはずです。

協同作業をすることで、仕事以外の話もしやすくなるほど密な関係になっていきます。
例えば、一大プロジェクトで残業が続いた時に、

「そういえば、○○さんって彼氏いるの?こんなに毎日残業続きだと何か言われない?」

などと気軽に話しかけてみてはいかがでしょうか。
そこで同僚女性の彼氏の有無を聞いて探ってみるのもおすすめです。

最近は何かとちょっと質問しただけでセクハラなどと言われますが、ある程度、仲が深まればそれぐらい聞いても気に留める女性はいないはずです。

まずはそういったプライベートな質問ができるぐらいの関係まで近づくことを意識しましょう。

一緒に残業する

一緒に残業することで異性を意識する関係に発展するかもしれません。
残業は通常業務時より社員の数も減りますから、より一段とプライベート感が高まります。

それだけ長い時間、共にしていると仲間意識が芽生えます。
また残業の場合、夜になるケースも多いですから、本能的に気持ちが高揚するという側面もあります。

さすがに2人っきりというのはなかなかないかもしれませんが、少人数で残った場合は大勢いる前ではできないような話もできますから、一気に仲を縮めるチャンスです。

もしなかなか業務上、残業がないようでしたら、自分から残業にするのもアリ。
例えば、

「○○さん、この部分ってどうやってやるのか、就業時間が終わってからちょっとだけ教えてもらってもいい?」

などと声を掛け、2人きりの時間を作るのも有効です。
もしそういった時間を何回も持てるようになれば、さらにプライベートな空間に誘ってみましょう。

「ちょっと一緒に飲みに行かない?そこで詳しく教えてくれるとありがたいな!」

などと誘ってみるのも効果的です。

他部署で探す

どうしても同部署で恋愛関係に発展すると、周りの目が気になったりなど障害も出てきます。

「実は、○○さんと○○さんが付き合っているらしいよ。」

こういった噂が広まってしまうと、仕事もしにくくなってしまいますね。

また、仲の良い時は良くても破局したときが悲惨です。
毎日顔を合わせることになりますからね。
それが嫌でどちらかやめなければいけないという事態になることも考えられます。

そこで、普段あまり顔を合わすことのない他部署の女性を誘ってみてはいかがでしょう。
少しでも接点があれば資料を渡しに行ったり、挨拶に行くのも有効です。

まったく接点がないということなら、他部署の同性と仲良くなる事から始めてみてはいかがでしょう。
そして、その男性に女性を誘ってもらうという流れ。
第3者と仲良くなることでチャンスが出てきます。

取引先の女性を狙う

もし自分の会社でめぼしい女性がいないなら、取引先の女性を考えてみてはいかがでしょう。
提携しているところだと定期的に会うでしょうから、だんだんと話しやすい関係になってくるはずです。

最初は仕事の話をして、徐々に「残業とかはありますか?」、「休みは取れてますか?」などとプライベートな話に進んでいくと非常に自然です。

そして次第に、「休みの日は何をされているんですか?」などプライベート感満載の質問もしてみましょう。

もし、同じような趣味があれば、一度誘ってみるのもおすすめ!
仕事の枠を超えてプライベートな出会いに発展するかもしれません。

ただ、あまりにも脈が無い段階で誘ってしまうと、クレームが入ったりすることも考えられます。(「相手企業の男性がナンパ目的で話しかけてきた」など)

自分にも多少なりとも気があるかな、というときに誘うようにしましょう。

職場外で探す

職場外で探す

友達経由で会う

仕事ではどうしてもめぼしい人がいない、あるいは仕事は仕事と割り切りたいという人は、職場で探すのは諦めた方が良いですね。

その場合は友達経由で探しましょう。
友達経由で結婚した人も世の中には非常に多いですから、人脈はとても大切。

「誰かイイ女を紹介して!」と誘ってもなかなか難しいので、「一緒に遊ぶ時に誰か友達も連れてくれば?女性でも全然いいよ!」などと声をかけるのがおすすめです。

そうすると相手もただ単に友達を誘ったという感覚になるので、いろいろな女性と出会えるチャンスが出てきます。

「合コンしよう!」などと持ちかけるのではなく、「大勢で遊んだ方が楽しいかなと思って」、といったようなソフトな誘い方だと、女性が来てくれる可能性も高まります。

あまりギラギラした感じは見せずに、もしよかったら友達の女性も、という感じで誘うとうまくいく可能性が高いです。

知人経由で探す

「自分の男友達も女っ気がないから無理」という人もいるかもしれません。
「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、やはり自分の友達というのは同類になるケースが多いですからね。

例えば自分がちょっと冴えない男性で、友達がイケメンで女友達がたくさんいるというケースは少ないです。

その場合は友達にこだわらず、知人経由で女性を探してみてはいかがでしょうか。

そしてこの場合も、友人に紹介してもらう時と同様に、「誰かいい女紹介して!」と言うのではなく、気軽な誘い方がお勧めです。

例えば、野球仲間がいたとします。
その野球仲間にこんな誘い方をしてみてはいかがでしょう。

「野球のチケットが4枚手に入ったんですけど、行きませんか?
男だけで行くのもいいですけど、『野球を見てみたい!』とかいう女性がいたら私たちも楽しくなりそうですよね。
もしよかったら誰か知り合いに声をかけてもらえませんか?」

こんな感じで誘うと、「野球に誘った」という意味合いが強いので、変に下心があるなどと思われずに済みます。

このように知人も、出会いのきっかけに重要な人物です。

同じ趣味友経由で探す

女性とお付き合いするということは、何か気が合うことがあるから付き合うわけです。
ということは初めから似たような趣味の人が集まる場所に行けば、彼女を見つけられる可能性も高まります。

「社会人になったら学生の時より更に出会いが減る」という意見が多いです。
逆に言うと、そういった人が世の中に溢れていますから、社会人になってから出会いを意識した行動をとる人も増えてきます。

その一つが習い事。
もちろんその習い事に興味があって行動を起こしますが、心の中で何割かは「新しい出会いが生まれたら嬉しい」という気持ちを持っている人もいます。

例えば、料理教室や英会話教室、ジムなど。
そこで知り合って付き合い始めるというケースもあります。

ただ、こういった習い事は本当にそれだけを学びたくて来ている人もいるので、もっと別の趣味のサークルなどがさらにお勧めです。

例えば、自分の好きなバンドのファンだけが集まった飲み会。
こういったところでは、話が合う事は間違いありません。

それだけでも楽しくなりますし、プライベートな話にもっていきやすいです。
自分の趣味を明確にして、そういったサークルなどを検討してみてはいかがでしょうか。

婚活サイトで探す

婚活サイトで探す

お金はかかってしまいますが、最も手っ取り早いのは婚活サイトです。
出会いが目的と男女ともに意思が明確ですから、変に遠回りせずに済みます。

最近は大手企業も婚活サイトを始めるなど、盛り上がっている分野です。
もはや昔のように危険な出会い系サイトが蔓延しているという状況はありません。

安心して婚活できるものが多いのでお勧めです。
しかも、結婚相談所などより料金も安く、使いやすいのが特徴。

月々いくらなどと明確に料金を表示し、安心感に浸りながら利用することができます。

ただ一つ難点と言えるのが、写真を載せている人が少ないこと。
やはり「不特定多数の人に見られるのは嫌だ」と考える人も多く、登録者のうち、写真を載せている人は半分にも満たないという婚活サイトも多いです。

いくらメールでやりとりしても、結局見た目が好みでなければ付き合うのは難しいと考える人もいるはずです。
そう考えると、写真は必須です。

そこで写真必須のサイトを検証していくと、下記のようなものがあります。

恋活・婚活マッチングサービス「Mr&Miss」

こちらは男女共に写真審査が行われるマッチングサービスです。
写真登録を求められるだけでなく、写真の審査もあるという珍しいサービス。

逆に言うと、それだけ容姿端麗な女性が揃っているということです。
見た目を重視したいという人も多いでしょうから、まずはチャレンジしてみるのも良いですね。

男性は収入や職業なども判断基準になるので、容姿だけで落とされるとは決まっていません。
まずチャレンジしてみる価値はあるかと思います。

まとめ

以上、出会いのきっかけがないと嘆いている男性社会人の方に参考になる情報を紹介しました。

出会いがないと嘆いているのは何も男性だけではありません。
女性も同様に思っています。
ということは、あなたが行動を起こせば、恋愛を求める女性に出会える可能性も高まるわけです。

上記様々な手段を使って出会いを見つけてみてはいかがでしょうか。
特に、年齢的に焦っているという方は遠回りせず、婚活サイトを使ったほうが賢明です。
自分に合った方法を模索していきましょう。