合コンが苦手な男子がその場を乗り切る方法!気まずい時間やノリが嫌い

合コンが苦手な男子がその場を乗り切る方法!気まずい時間やノリが嫌い

合コンが苦手な男性って多いですね。
何を喋って良いか分からない、相手に気に入られない、全然楽しくないなど。
そういった男性はどんなチャレンジをすれば合コンが楽しくなるのか解説していきます!

まずは人見知りをなくすことが大事

まずは人見知りをなくすことが大事

知り合いで固める

合コンが楽しくない最大の理由は、「人見知り」です。
どうしても初対面の人には心が開けず、当たり障りない会話に終始してしまうという男性も多いです。

そうすると、相手の女性も身構えてしまいますから、より一段とつまらないという状況に・・・。
こういった事態に至らないためには、まずは知り合いで固めてしまいましょう。

例えば、2対2の合コン。
男性は知り合いの男性、そして相手の女性も1人は知っている女性、そしてその知り合いの女性の友達が来るといったぐらいの関係がベストです。

これなら4人で喋っていても、ほとんど仲間で喋っているようなものですから特に緊張もなく、喋れるはずです。
仮に自分が喋れなかったとしても、周りが喋ってくれる環境ですから特に緊張することもありません。

ただ、これはまだまだ初級編。
初対面が1人だけですから、そこまで緊張せずに喋れるはずです。

少人数で合コン

合コンが苦手な人は、人が多いと圧倒されてしまう気持ちがあります。
3対3や4対4でも無理なのに、5対5なんてもってのほか。

まずは、2対2から始めましょう。
そしてその合コンは、できれば普段行きなれた居酒屋などがお勧めです。

バーや洒落たレストランだと、その空気に負けて話しにくくなる人も多いです。
ちょっと周りがガヤガヤするぐらいの環境がベスト!

ただ、あまりにも周りがうるさかったり、タバコ臭いと集中できないので個室や仕切りのある席を確保しましょう。
シチュエーションによって緊張度合いが変わってくるはずです。

ほぼ初対面の人を誘って練習する

人見知りの人は、異性のみならず同性でもその気持ちが出てしまうはずです。
それを克服するために、下記のような人を合コンの練習で誘ってみましょう。

  • まだあまり話したことがない同僚
  • 飲みに行ったことがない先輩や上司
  • 同じ会社で違う部署の人

誘える人だったら誰でも良いです。
まだプライベートなことで、喋ったことない人を誘ってみましょう。

結局自分のことをさらけ出すことが慣れていないわけですから、男性、女性問いません。
自分のことを知らない人に、どうやって相手に自分を知ってもらうかという練習になります。

できれば年齢もバラバラで、年下や年上などいろいろな人を誘ってみましょう。
そうすれば合コン時の良いシミュレーションになります。

合コンに行った時の対処法

合コンに行った時の対処法

仲間にいじってもらう

ある程度人見知りの気持ちが薄れてきたかなと思ったら、知り合いで固めたりなどしない普通の合コンに参加してみましょう。

もし、3対3の合コンに行った場合、同性に1人ぐらいは知り合いがいるはずです。
その人に自分をいじってもらうのもアリです。

いじってもらった方が女性側に一瞬で、「この人はこんなキャラなんだ」という印象が伝わります。
またいじられキャラのほうが女性からも親しみの気持ちを持たれるので、話しやすくなります。

いじられている時に何と呼ばれたいか決めておくと、女性からもその呼び名で呼んでもらえるはずです。
自分で自分の事を伝えるより、他人から自分のことを言われた方が伝わりやすいです。

例えば、自分で「私は癒し系」というのはなんだか気持ち悪いですよね。
それより、第三者から「彼は癒し系キャラだから一緒にいると落ち着くよ」と言われると良い印象を与えます。

とりあえずその場を楽しむ

合コンをうまく楽しめない人は、その合コンに全てを捧げようと思いすぎな部分があります。
例えば、

「もし嫌われたら・・・」
「もし自分に興味がなかったら・・・」
「今日の合コンで出会いがなかったら・・・」

などとネガティブなことを考えると、全然楽しくありません。

良い出会いがあるかはさておき、「その場を楽しく過ごせれば成功」と思えるぐらい気楽な気持ちで合コンに臨んだほうが、うまくいく可能性があります。

極端な話、「友達とご飯を食べに行っている時に女性もいる」ぐらいな感覚が理想です。
気に入られよう、モテようという気持ちがあると疲れてしまいますから、ご飯を食べて帰るだけと考えるのがお勧めです。

また、ぶっちゃけ合コンというのは、当たりはずれがあります。
あなたが良いと思う女性がいないかもしれませんし、逆にあなたのことを良いと思ってくれる女性もいないかもしれません。

それだったら恋愛感情抜きにして、その時間を「喋って楽しく過ごせればOK」と考えた方が圧倒的に楽ですね。

テンプレを用意しておく

まだ合コンに慣れていない方におすすめしたいのが、テンプレの用意。

どんなテンプレかというと、質問のテンプレです。
ありとあらゆる質問をメモ帳などに書いておいて、それを頭に叩き込んでおきましょう。
具体的には下記のような質問です。

  • みんな、どんなタイプが好きか教えてもらっていい?
  • 彼氏にしたい人と結婚したい人って違う?
  • 休みの日とか何をしている時が幸せ?
  • 自分の事はSだと思う?Mだと思う?(ちょっと酔ってきた時用の質問)
  • 彼氏にやってもらいたいことってある?
  • 仕事は結婚しても続けたい派?

とにかくどんな質問でもOKです。
真面目な質問、ちょっとエッチな質問、お互いの関係が深くなった時に聞けそうな質問等。

いろいろなシチュエーションがあり得るので、必ずしも真面目な質問ばかりでなくても大丈夫です。

占いや心理ゲームを用意しておく

女性は占いや心理ゲームが好きな人が多いです。
深層心理をお互いに把握することで、どんなことを考えているのか分かったりします。

ちなみに合コンが始まって、いきなり占いや心理ゲームをやると引いてしまう可能性もあるので、お酒が進んだ終盤ぐらいにやるのがお勧めです。
こういったものは事前に紙や本などを用意しなくてもアプリで簡単に質問することができます。

表面的には真面目そうな女の子でも実は意外と甘え上手だったり、エッチだったりするかも!
これならいくつも質問があるので、合コンで会話に困る人にはお勧めの対策です。

これは女性側だけに聞くのではなく、男女一緒に聞くのがおすすめです。
それで毎回答えが一緒だと、意気投合することもあります。

ただし、問題を出す人は毎回一緒だとかわいそうなので、交代で質問をしていきましょう。

「次回につながる合コン」と考える

「次回につながる合コン」と考える

男女の考え方の違いを知る場と割り切る

合コンで毎回成果を出すのは難しいです。
そもそもそんなに合コンでモテるくらいだったら、合コンに参加する必要もなくなってきますからね。

合コンに参加する時は、ちょっと俯瞰で見る自分も大切です。
いろいろな質問をして、「男女間でこんなに考え方で違いがあるんだな」とリアルなサンプルになるはずです。

例えば、女性は「告白されたい」という人が圧倒的に多いです。
そういった心理を理解していないと、「あっちから言い寄ってこないから嫌われているのかな」などと解釈してしまうことがあります。

また、女性は男性が思っているより見た目より内面を重視している生き物。

男性は女性を選ぶときに見た目を重視する人が多いですが、その心理がそのまま女性に当てはまるわけではないので注意が必要です。
男女間の考えの違いが分かったら、それを次回の合コンに活かしていきましょう。

反応が良い質問を精査する

女性に質問をして話が盛り上がる質問、盛り上がらない質問があるかと思います。

もし盛り上がった質問があればあとで携帯にメモっておいて、この質問は良かったなどと書いておくと、次回の合コンで役立ちます。

逆に盛り下がってしまった質問、引いてしまった質問もメモっておくと役立ちます。
これを繰り返すことで、女性が楽しいと思える質問ばかりになって、あなたと喋る女性は楽しいと感じてきます。

合コンも何回も繰り返し行うことで、スキルや技術が上がっていくというわけです。

自分のことを好意的に受け止めてくれたタイプを把握しておく

合コンに何回か参加していると、自分のことを気に入ってくれる女性、見向きもしてくれない女性というのが見えてきます。

そういったタイプをうまく判別することで、無駄な労力を抑えることができます。
自分に興味がない女性に何回も話を振っても意味がないですからね。
例えば、下記のようなメモの仕方です。

【自分のことをアリと思ってくれる女性の傾向】

  • 話を聞いてくれる
  • 自分の話に引かない
  • エッチな話をしてもあまり引かない
  • イケメンの芸能人を好きなタイプに挙げない

【自分の事はナシだと思っている女性の傾向】

  • ワイルド系が好き
  • 金髪でメイクが濃い
  • 男性の筋肉が好き
  • 過去に体力系の仕事の男性と付き合ってきた

このように振り分けていくと、どんな女性が自分のことを好きになってくれるのか見えてきます。

ちょっとキャラを変えて合コンに参加する

これは思い切った作戦ですが、どんなタイプがモテるのかという検証をするために、キャラを変えて合コンに参加してみるのも一つの手段です。

例えば、

  • ちょっとインテリっぽく振る舞う
  • お金持ちキャラを振る舞う
  • ちょっとミステリアスな空気を醸し出す

このようにちょっと自分にはないキャラを演出してみて、どんなタイプの男性がモテるのか調べてみるのも面白いです。
例えば、自分ではこんなキャラ絶対モテないだろうと思っているものが意外と好印象だったりします。

その性質を次回の合コンでいかしていけば、あなたのことを良いと思ってくれる女性が現れるかもしれません。

まとめ

まとめ

以上、合コンが苦手な男子が乗り切る方法を紹介しました。

合コンの難しいところは、やはりどんな女性が来るかわからないところです。
もちろん知り合いからある程度どんな人かは聞くかもしれませんが、あくまでも他人からの情報。
自分の目で見て、喋ったりするとまた印象も変わってきます。
あわてないようにするには事前準備も必要です。

あらかじめどんな相手か把握したいなら、マッチング系のサービスを使って出会いを探すのも良いですね。
これなら相手のプロフィールをあらかじめチェックできるので、特に差異を感じることなく普通に話すことができます。

具体的には下記のようなサービスです。

恋活・婚活マッチングサービス「Mr&Miss」

こちらは写真も全員登録されているので、安心して相手を探すことができます。