片思いで失恋した男性が立ち直る期間と引きずらない方法

片思いで失恋した男性が立ち直る期間と引きずらない方法

ここでは男性が片思いから立ち直る方法を紹介していきます。
その過程に至るまでの改善すべき行動や心理について詳しく解説していきますので、失恋してしまってなかなか精神的に落ち着かないという男性は、ぜひ参考にしてみてください。

なぜ失恋は引きずってしまうのか

なぜ失恋は引きずってしまうのか

心的ストレス反応

心理状態を分析すると、失恋では心的ストレスが大きく関わっていることがわかっています。
具体的には下記のようなことです。

  • 脱力感
  • 孤独感
  • 無力感
  • 興奮状態
  • パニック
  • 強烈な憎しみ、悲しみ

上記のような感情は自分から振ったわけではなく、振られた時に強い反応が出ます。
特に突発的な失恋は想定していない心理状況になってしまい、パニックが起こります。

普段の生活ではこういった状況に陥ること自体ないので、免疫力が無く、精神的に落ち込んでしまいがちです。

例えば、「友達と喧嘩した」、「親と喧嘩した」などのケースでも心的ストレスはかかりますが、人生の中で数回経験することにより、その免疫力もアップしてきます。

しかし失恋は青年期に至るまでに経験することのない感情なので、落ち込みが激しくなってしまう傾向があります。

失恋すると長い人では1年以上、短い人でも3ヶ月から4ヶ月ぐらいは引きずってしまうケースが多いです。
ただ、方法や考え方によってその期間を短くする事も可能です。

年齢や経験値によって違いが

失恋を経験することでかなり落ち込んでしまう人と、それほど引きずらない人がいます。

かなり落ち込んでしまう人の要素として、年齢が挙げられます。
失恋において特に引きずってしまいがちなのは、10代後半から20代前半。

まだそれほど恋愛経験が多くなく、振られるという免疫力がない年代なので、失恋に対するショックが大きいとされています。

また、恋愛の経験値も大きく関与しています。
例えば、20代後半までお付き合いをしたことがなかった男性が、ようやく好きな人ができたとしましょう。

一大決心で告白したにもかかわらず、振られてしまったとなるとかなり心的ストレスがかかった状態になります。

まだ若いうちにこういった経験をしておけば、環境の変化などでその悲しい気持ちを忘れられる状況になりやすいです。

しかし20代後半以降ともなると、転職や引越しをしない限り、なかなか環境も変わらないので気持ちを引きずったままになりがちな部分もあります。

失恋を引きずらない条件とは

失恋を引きずらないかどうかは、経験の問題です。
これまでの経験値の積み重ねで、うまく消化できるかどうかが決まっていきます。
具体的には下記のような経験です。

  • 失恋経験回数
  • 別れを切り出された経験の有無
  • 好きな人に彼氏がいた経験の有無

上記3つの経験があれば、そこまで引きずることなく次の恋へ向けて歩き出すことができます。
相手から切り出された失恋の場合は。自分を否定されたような感覚になるのでネガティブな感情を持ちがちです。

ただ、失恋は相性の部分が大きいのでAさんには嫌われてしまっても、Bさんには好かれる可能性は十分あります。
好き嫌いは十人十色ですので、全ての女性があなたに対して同じような見方をするわけではありませんので気にしないようにしましょう。

精神面での解消

精神面での解消

「辛いのは自分だけではない」と解釈する

失恋から立ち直るには、精神面でいかにストレスを緩和させるかが重要です。
そのストレス緩和方法として有効なのが「自分だけではない」という感覚を得ること。

失恋は珍しい事ではなく、今もどこかでそういったことが生まれているでしょう。
実際、下記のようなデータがあります。

A国立大学において行われた失恋経験のアンケートで、「失恋経験がある」と答えた人は87%、「ない」と答えた人が13%となっています。

このように9割近い人が失恋を経験しているわけですから、全く珍しいことではないのが分かります。

失恋はあたかも「自分だけが深い悲しみに落ちいってしまうもの」と捉えがちですが、誰もが通る道と考えれば、少しは気も楽になるはずです。

失恋時のネガティブな感情は自然なこと

失恋時は普段の自分では想像もできないぐらい落ち込んでしまう人もいます。
下記のような感情を抱いたという経験がある人も多いです。

  • 自殺を考えた
  • 引きこもった
  • 自暴自棄になった
  • 号泣した
  • 眠れなくなった
  • タバコを吸うようになった
  • 他人に八つ当たりした
  • 殺したいと思った

人によっては自分のことが嫌になって自殺を考えてしまう人もいるようです。
逆に、「なぜ自分のことを好きになってくれないんだ」と逆上した感情になり、相手に殺意を抱いてしまうケースもあるほどです。

時折、恋愛関係のもつれから相手を殺してしまったり、ストーカーがエスカレートしてしまうこともありますね。
それもある種、「失恋後の心的ストレスが過剰に反応してしまった表れ」と言えます。

ただ、こういった心的ストレスは誰にでもあることなので、それに対し時間をかけて自分の中で消化していくことが大切です。
決して相手を傷つけたり、自分の命を落として解決するようなことは避けましょう。

引きずらないための行動とは

引きずらないための行動とは

瞬間的な行動

一番手っ取り早く瞬間的に失恋を忘れられる行為は、消費行動や発散行動です。
具体的には下記のような行動を指します。

  • やけ食い
  • やけ酒
  • ドライブ
  • 睡眠
  • 旅行
  • カラオケ
  • 異性交流

失恋してしまった人が記憶も無くなるほど飲んだり、カラオケに行って大声を出してストレスを発散するなんて話をよく聞きますよね。

これは記憶を司る脳幹を刺激するのに役立っています。
何もしていない状態だと失恋の記憶がよみがえってしまいがちですが、カラオケをしたり、お酒を飲むことで記憶以外の機能が働きます。

具体的には視覚や聴覚、発言などの機能が活性化され、失恋の記憶がその間抑えられるというメカニズムです。

また、脳幹はコミュニケーションを取る時にも活躍する機能がありますから、失恋したときほど他の女性と異性交流をすることで、その記憶を抑えることができます。

新たな恋人を探すために恋活・婚活パーティーに参加したりといったこともアリです。
失恋の記憶が新たなコミュニケーションで上書きされるようなイメージです。

ただ、新たな記憶が軽いものだと失恋の記憶が蘇ってしまうので、もし新たな出会いを見つけた場合は、その人と付き合うぐらい深い関係にならないと、失恋の記憶が完全に消し去れない部分もあります。

長期的行動

失恋を忘れるためには、やけ食いなどの瞬間的な発散の仕方ではなく、長期的な対策も必要です。
具体的には下記のような行動がお勧めです。

  • 引越しをする
  • 転職をする
  • 電話番号を変える
  • 相手の連絡先を消す
  • 思い出の場所に足を運ばない
  • 1人の時間を減らす
  • 思い出の物を捨てる

上記のように相手を連想させるものを完全に捨て去り、自分の環境を変えることが大切です。
特に失恋をだらだらと引きずってしまいがちなのは、相手の連絡先を残しておくこと。

「ひょっとしたらまた連絡が来るかもしれない」、「何かをきっかけにまたチャンスがあるかもしれない」などと思うと、次のステップに進みづらくなります。

また、1人の時間を増やすのも危険です。
失恋した時ほど、そっとしておいて欲しいという人もいますが、それだと逆に思い起こしてしまう時間が増えるだけです。

仕事でも何でも良いので、1人の時間を減らすようなスケジュール調整が必要です。

反面教師で失恋から脱出する

失恋を引きずってしまう人が起こしがちな行動

失恋からすぐ立ち直るには、ずるずると引きずってしまった人を反面教師にすれば、その解決法が見えてきます。
なかなか立ち直れなかった人にありがちな行動は下記のようなことです。

  • 思い出の写真をついつい眺めてしまった
  • 失恋後、ちょっとしたことでLINEメッセージを送ってしまった
  • 片思いの人と親しい人とよく話す
  • 相手の家の近所を無意識によく歩いてしまう
  • 相手がよく行っていたレストランに未だに行ってしまう

このように失恋しても「相手を嫌いになったわけではない」という感情から、「また機会があれば会いたい」と考えている人ほど引きずりがちです。

例えば一度断られたのに、「最近は忙しいの?」などと未練たらたらでLINEを送ってしまう人もいます。
しかし、こういった行動は区切りをつけるのに適していません。

他にも、「あわよくばもう1回話したい」、「会ってみたい」などの心理が働いた行動は、失恋を引きずりがちなので控えましょう。

ショックが倍増してしまうことも

一度断られたのにもかかわらず未練タラタラな行為を繰り返すと、思いもよらぬ事態に発展することもあるかもしれません。

  • 片思いの相手に彼氏ができてショックが倍増する
  • 片思いの相手の彼氏に因縁をつけられて脅迫される
  • ストーカーだと思われ、警察に訴えられる

このようにあなたの行動は相手にとって不快感や不安感を与えている可能性があります。
失恋を引きずって行動を起こしていても、プラスに働くことはまずないので新たな恋を探す方に舵を取った方が良いです。

まとめ

まとめ

以上、男性が失恋したときの期間と引きずらない方法について紹介しました。
無理やりにでも良いので、相手を忘れるような環境と思考が大切です。

特に思い出の上書きは効果があるので、できれば新たな彼女を探すようにしたほうがうまくいく可能性が高いです。

その新たな女性が、片思いしていた人より魅力的な女性なら、忘れられる可能性も高まりますからね。

例えば、恋活・婚活マッチングサービス「Mr&Miss」のように容姿の優れた女性が多くいるところなら、あなたの気持ちも一瞬にして晴れ渡るかもしれません。

こういったところで、新たな出会いのチャンスを探ってみてはいかがでしょうか。
ウジウジ考える時間がもったいないので、新たなチャレンジをしていきましょう!