もう学生じゃない!社会人のモテる方法

もう学生じゃない!社会人のモテる方法

社会人ともなれば、大抵の女性は大人らしい振る舞いができる男性が素敵と感じるものです。「学生の頃は居酒屋で割り勘が当たり前だったけれど、社会人なら高いお店で奢らないとダメ?」と思われる男性も多いようですが、実は社会人のモテ要素というのはそれよりももっと身近なことから磨いていけるものなのです。

ここでは女性に「素敵だな」と思ってもらえるポイントをいくつかご紹介します。

大人の対応「待つ姿勢」が女性をときめかせる

大人の対応「待つ姿勢」が女性をときめかせる

女性は身支度に時間がかかったり、何かを選ぶのに迷ったりと、時間を要することが多々あるものです。女性とお付き合いをされたことがある方なら、少なからず思い当たることがあるのではないでしょうか。これをストレスと考えるのではなく、女性にモテるチャンスのひとつと捉えてみましょう。

いつも遅刻をする女性であれば考え物ですが、そうでなければ、待ち合わせに女性が遅れてきたとしても笑顔で出迎えてあげましょう。その際に「何かあったのかと思って心配したよ」「忙しいのに無理をさせてしまったかな?」と相手を気遣うと、女性の好感度はグンと増します。

待っていても相手を思いやる姿勢が大人の貫録として映るものなのです。買い物デートの際も女性が迷っていたら「好きなだけ悩んでいいよ」と伝えて見守ってあげましょう。

女性の悩みは相手が話すのを待つ

またある程度打ち解けてきて、女性の方の悩みを聞くことになったとします。そういった際も無理に問い質すのではなく、相手が話すのを待ちましょう。

「話しづらいなら、いつか話せる時でいい」と待つ姿勢を見せることで、女性から「自分のために機会を待ってくれる人」と思われ、信頼されることに繋がります。

大事なのは、何事も「待たされている」という態度を取らないことです。「早くして!」「まだなの?」と女性を急かしてしまうのは極度なイメージダウンに繋がりかねないので、できれば避けたいところ。それも、せっかちな男性というのは余裕がない人だと思われてしまうものなので、気をつけましょう。

食事で大切なのは、価格ではなく作法と気遣い

食事で大切なのは、価格ではなく作法と気遣い

社会人ともなれば高級なお店に誘わなければ女性にガッカリされてしまう……と思い込んでいる方も多いようですが、こちらは少し早計です。

知り合って間もない女性であれば、カジュアルなお店で打ち解けるのは自然な流れですし、まずは何人かで集まって居酒屋に行くというのも不自然ではありません。そういった食事の席で大切なのは、お店の価格ではなく食事のマナーの方なのです。

実は食事の作法というのは、最もその人の「育ち」が垣間見えてしまうものでもあります。たとえ高級なお店でデートをしたとしても、男性の食べ方が汚かったり、食事のマナーが悪いと「この人はそういう家庭で育ったのかな……」と女性は幻滅してしまうものです。

フランクなお店でも、まずは食事中の振る舞いに気をつけたいものです。食べる際は周りに不快感を与えないように心がけましょう。また、お箸の扱いも意外と見られています。社会人になってお箸の持ち方が間違っていると、女性に限らず周りに残念な印象を与えてしまいますので、こちらも気をつけたいところ。

無理にお酒を飲ませようとする男性はモテない

最初の一杯をオーダーする際も、「まずはビールで」というより、「僕はビールにするけど、○○さんは?」と女性にも尋ねましょう。

ここで気をつけたいのが、アルコールが苦手な女性には無理にお酒を勧めないこと。「少しくらい飲めるでしょ」「ここは飲まなきゃ」と嫌がる女性にお酒を飲ませようとする男性は、大抵はモテませんので要注意。

また夜遅い時間であれば、無理に何軒も誘うのではなく「もう遅いけど終電大丈夫?」「○○駅までなら僕も通るので、途中までご一緒しませんか」と気遣うことで、女性も男性に対して安心できるようになります。

機転の利いた会話で相手を惹き込む

機転の利いた会話で相手を惹き込む

口の巧い男がモテる、というと悪い印象に受け取られがちかもしれません。ですがこれは女性と会話する際に少し気をつけることで、自分の印象を良くできるということなのです。

話すのが苦手という方も、聞き上手な立場で女性にスマートに言葉を返すことで、充分なモテ要素になります。

女性と一対一で話すなら、「○○さんはどう思う?」と会話の途中でも相手の言葉を引き出すようにして、相手を飽きさせないようにするのがポイント。
逆に、話し好きな女性もいますので、相手が喋っている際は相槌を打って聞き、「それって○○だよね」と時折言葉を挟むことで、相手の話に関心を持っているという姿勢が伝わります。

話題で気をつけたいのは、自慢話をしないこと。武勇伝ばかりを話していると、周りを見下しているような印象を与えかねません。また女性との会話では、政治や経済の話もタブー視されています。
プライベートの際にビジネスライクな話をしてしまうと、女性は堅苦しく感じてしまいます。最近あった出来事など身近な話題から、話を発展させていきましょう。

出会いの場での会話

出会いを求めている女性は特に、男性に癒されたいと思うものです。社会人であればなおさら、日々のことに疲れて愚痴を言ってしまうこともあります。そういった女性の話も否定をせずに聞きましょう。「それは大変だったね」「よくがんばったんだね」と肯定してあげることで、女性は相手に心を開きたいと思うようになります。
さらに「僕もこんな失敗があったんだよ」と自分の経験談を話すことで、女性も共感し、こちらの話を聞きたいと思ってくれます。

また、合コンなど男女複数ずつの飲み会などの場合、女性のグループでは一人ぐらい口数の少ない女性がいるものです。自分が会話に熱中するのではなく、そういう女性が置いてけぼりにならないよう、「○○さん、次の飲み物はどうする?」とさりげなく声をかける気遣いも好印象です。

会話とはどちらかが一方的に話すのではなく、言葉のキャッチボールで成り立つものですよね。女性と話す際も、自分ばかりが喋っているということにならないように配慮しましょう。

男に好かれる男になる

男に好かれる男になる

異性にモテたい!という願望を持つ人は、男性にも女性にも少なからずいると思います。異性へのモテ要素を磨くなら、まずは同性に好かれることが肝要です。

女性に良く思われたいからといって、ついつい女性にばかり声をかけて親切の押し売りをしてしまう……これは一見上手くいっているようでいて、実はあなたの評判を下げてしまうリスクがとても大きいのです。
ガツガツしている印象を与えてしまい、女性も戸惑いますし、周りの男性陣からも痛々しく思われてしまいますよね。

女性の視点から言うと、男性に信頼される男性はとても堅実で魅力的に見えるものなのです。友人からの評判が良いことはもちろん、職場の上司や後輩からも好かれている男性は、社会人としてしっかりしていると思われます。
女性もそういう男性を頼りたいと思いますので、自然とあなたに女性の視線が集まってきます。

周囲との人間関係も重要

周囲との人間関係を良くする簡単なポイントは、お礼とお詫びをきちんと伝えることです。

職場の上司はもちろんのこと、後輩にも「ありがとう」「ごめんなさい」がきちんと言える人でいたいものです。

特に自分よりも目下の人間にもそういった言葉がかけられる男性は、女性の目にはとても誠実な人として映ります。気の置けない男友達に対しても同様です。友人を大切にする男性は、女性に対しても優しいと思ってもらえるものなのです。

友人の誘いを断る際なども「この日は行けなくてごめん。来週なら時間が取れるから、お詫びに何か奢るよ」と自分から代案を出すといいでしょう。友人関係も円満でいられますし、そうすることてあなた自身の高い評価へと繋がっていくものです。

親しき仲にも礼儀あり、という言葉があります。女性にモテるためには、まず周囲の男性から好かれる人でいることを目指してみませんか。男性に好かれる男性は、女性にも好かれるものですよ。

最低限の嗜み、ハンカチを忘れずに

最低限の嗜み、ハンカチを忘れずに

みなさんはハンカチを持っていますか? 今は手を洗う場所にペーパータオルかエアータオルが設置されているところがほとんどで、ハンカチを持つ必要がないと考える人が多いようですが、これは大きなマイナス要素となってしまいます。

ガッカリしてしまったという男性の例に、ハンカチを持っていなかったことを挙げる女性は意外と多くいます。「好きな男性が、手を洗った後に思い切り手を払って水飛沫を巻き散らかしていてガッカリした」「パンやサンドイッチを食べていた男性が、ズボンでゴシゴシ手を拭いているのを見て幻滅した」と残念そうに語る女性もいます。

素敵に見える男性ほど、こういった面を見てしまうとショックが大きくなってしまうようです。特に夏場は汗をかくことがとても多いので、ハンカチを持たずに外へ出てスーツの袖口で拭ってしまう……なんていうところは、なかなか人に見られてよいものとは言えません。

些細なこともきちんとしている印象

ハンカチを持つことは男女云々というだけでなく、社会人としての最低限の嗜みと捉えましょう。清潔なハンカチは必ず一枚、携帯しておきたいですね。つい忘れてしまうことが多い人は、前日の夜から忘れずに鞄やポケットにハンカチを入れておきましょう。

例えば女性がハンカチを忘れたことに気づいたとき、またうっかり涙してしまったときなどに、男性にハンカチを差し出されると感心して好感度がグッと高まります。

ハンカチを持っている人は些細なこともきちんとしているという印象を周りに与えます。特に服とは違い、高価なものでもありませんし、畳めば嵩張るものでもありません。持っていて損になることはありませんので、きちんと洗濯したハンカチは必ず持っておきたいものですね。

まとめ

学生ではなく社会人としてモテる方法について、いかがでしたか? 女性にモテるためのポイントは、まずは金額的なことよりもマナーや立ち振る舞いに関してのことが大きいのです。

つまり今日からすぐ実践していけることばかりですので、女性と会う際にはぜひとも参考にしてみてくださいね。

女性と出会うきっかけとして、モテるためのポイントを押さえた男性と20代女性が対象、容姿とステイタスを重視した業界唯一の恋活・婚活マッチングサービス「Mr&Miss」を使ってみてはいかがでしょうか?

みなさんの女性への接し方が、良い出会いへと発展していくことを願っています。