出会いの場で好感度を高めるテクニック「ハロー効果」とは

「気になる異性に出会っても、つい緊張してしまってうまく話せない」
「出会いの場を盛り上げるのが苦手で、いつも空回りしてしまう」
など、出会いの場を苦手とする人はたくさんいます。
出会った瞬間はお互い初対面ですから、なかなか会話が弾まずに困ってしまうことも多いですよね。

そこで今回は、出会いの場で相手に好印象を与えるテクニック「ハロー効果」についてご紹介します!営業マンなどビジネスシーンもよく使われる有名な心理テクニックのひとつで、気になる相手の心をグッとつかむ近道になりますよ。

また、事前に相手のプロフィールなどをチェックでき、性格やタイプも想定できるMr&Missなら、相性のいい異性を探しやすく、いい出会いを見つけやすいです。ぜひこちらもご活用くださいね。

初対面から好感度を高める「ハロー効果」とは

それでは、ハロー効果とはいったい何でしょうか?
ハロー効果とは、ある1つの特徴だけで相手のイメージを決めてしまうことです。たとえば、金髪のロングヘアで派手なつけまつげをつけ、ミニスカートを履いている若い女性を見たら、その外見だけで「渋谷にいそう」「クラブが好きそう」「ギャルなんだろうな」といった印象を持つ人が多いと思います。もしその女性が東大生だとしても、だれも「頭がよさそう」とは思わないでしょう。

このように、目立つ特徴を見て全体のイメージを決めてしまうことはよくあります。これこそハロー効果であり、人間の心理なのです。心理学では「認知バイアス」とも呼ばれていて、いわゆる偏見のひとつです。先入観・固定概念の一種でもあります。

このハロー効果を出会いの場でうまく活用すれば、あなたのことが印象に残り、忘れられない存在になることができます。新しい人間関係をつくるうえで一番大切なことは、とにもかくにも印象に残ること!できるだけ良い印象を残したいところですが、最悪悪い印象でも記憶に残っていればチャンスがあります。そもそも印象に残らなければ何も始まらないのです。

そのため、目立つ特徴を見せてハロー効果を発揮できれば、気になる相手と出会ったときにデートにつなげられる可能性がグンと上がります!

ネガティブハロー効果に要注意!ポジティブハロー効果を使おう

ただし、ハロー効果には2種類あるので要注意。ポジティブハロー効果とネガティブハロー効果があり、出会いの場で使いたいのはポジティブハロー効果。その名のとおり、ポジティブハロー効果は相手にポジティブな印象を与えるものですが、ネガティブハロー効果はネガティブな印象を与えるものです。

出会いの場で、女性が清楚なワンピースを着ていたり、飲み物がなくなったときにすぐに気にかけてくれたりするとポジティブハロー効果が働きやすくなります。反対に、シワだらけの服を着ていたり、食べ方が汚かったりしたらネガティブハロー効果が働くでしょう。
男性の場合は、シャツ等ややフォーマルな服を着ていたり、さりげなくアテンドしてくれたりしたらポジティブハロー効果が働きます。一方、清潔感のない格好をしていたり、一方的に自分の話ばかりしていたらネガティブハロー効果が働くでしょう。

ハロー効果によって初対面の印象が決まってしまうと、あとからその印象を覆すのは至難の業です。会社の同僚など頻繁に会う相手であれば挽回しやすくなりますが、その場限りの出会いだとそれでチャンスを逃してしまうことも。初対面の印象はとても大事なので、ぜひポジティブハロー効果を活用できるように意識してみてくださいね。

ハロー効果を正しく使うためのポイント

1、印象に残るわかりやすい特徴を見せる

ハロー効果は印象に残るかどうかが大事です。そのため、できる限りわかりやすい特徴を見せることがポイント!わかりにくい特徴では印象に残らないので、ハロー効果を発揮できないのです。

おすすめなのは、わかりやすい資格や実績をさりげなく伝えること。「英語が好きで、英検一級を持っているんだ」「料理が好きで、栄養士の資格を持っているの」といった話をすると、印象に残りやすい好感度も高まります。
ただし、あまりにわざとらしく言うと自慢っぽくなったり嫌らしく聞こえたりとネガティブハロー効果につながりかねないので、謙虚さを忘れずに伝えるようにしましょう。

同時に「毎日〇時間勉強して大変だった」「〇回も落ちちゃったんだけど」といった努力エピソードを添えると、好感度が上がりやすくなりますよ。

2、誇張はしない

たとえポジティブハロー効果であっても、とにかく使えばいいというものではありません。自分の良い印象を残したいと思うあまり、つい背伸びして誇張してしまうと、のちのち現実とのギャップが生まれて相手に不信感を抱かせてしまうでしょう。

たとえば、料理が苦手なのに得意だと言ったり、年収をかさ増しして伝えたりといったことです。こうした事実とは違う特徴を伝えて自分の印象を底上げしても、いい結果にはつながりません。単に相手をだますことになってしまうので、あくまで自分の長所をアピールするための手段としてポジティブハロー効果を使うようにしましょう。

本来のあなたを好きになってくれる相手を見つけないと、たとえ付き合えたとしてもすぐに別れることになってしまうでしょう。結局、すてきな出会いにはつながりません。

今回ご紹介したポジティブハロー効果を出会いの場でうまく活用すれば、つい緊張してしまってうまく話せない方でも、初対面で好感度をアップさせることができます。ぜひ意識して、意中の相手とお近づきになってくださいね。

まだ理想の恋人に出会えていない方は、Mr&Missで理想の恋人を見つけて、結婚への第一歩を踏み出しましょう!きっとお相手のプロフィール欄にも、たくさんのヒントがあるはずです。

写真審査へのご応募お待ちしています。

イベント報告&ブログ一覧へ戻る
ページ上部へ