必見!たった3ステップでモテ男になり、夏までに彼女を作る方法

男性のみなさん、女心ってよくわからないですよね。なかなか気になる女性とお近づきになれないという相談もよく伺います。でも、ご安心ください!モテ男には特徴があり、その特徴さえ押さえれば女心をしっかりと掴むことができます。

「夏までに彼女が欲しい」と考えている方に向けて、たった3ステップでモテ男に近づけるモテメソッドをご紹介します。このモテメソッドを活用して夏までに彼女を作り、花火やBBQ、海水浴など夏らしいイベントを満喫してくださいね。

また、事前に相手のプロフィールなどをチェックでき、性格やタイプも想定できるMr&Missなら、相性のいい女性を探しやすく、いい出会いを見つけやすいのがメリットです。ぜひこちらもご活用くださいね。

【モテメソッド1】語彙力を増やそう

女性は男性の何倍もおしゃべりしたい生き物です。男性からすると、仕事以外の時間はゆっくりと休む時間ですが、女性はコミュニケーションを楽しむ時間。仕事で大変なことや辛いことがあったら、だれかに共有して共感してもらうことでストレスを解消します。

もちろん、その分口数が多く、あらゆる表現で自分の気持ちを説明します。そして男性からもコメントを求めますが、男性は女性ほど感情を言葉にしないですし、それほど多くの量を話さない人が多いので「コメントを求められても、なんて言ったらいいかわからないなあ」と困ることもしばしば。

これは深い仲でなくても、会話をするシーンではたびたび男性を困らせる課題の一つです。初対面の挨拶や仲良くなる手前のデートでも必ず会話するので、話下手だとうまくコミュニケーションできず、意中の女性との関係を深められないことも。

女性との会話が苦手な男性は、まず語彙力を増やしましょう。単に口数を増やせばいいというわけではありません。語彙力を鍛え、さまざまな表現でコミュニケーションすることが大切なのです。言葉の使い方が上手な男性は知的に見え、女性からの好感度がグッと上がります。女性の約1~2割が知的な男性を異性として魅力的に感じる傾向があり、会話から自然に知性を感じさせるだけで、恋愛がうまくいく可能性が高まるのです。

さらに、語彙力が高い人はストレス対応力が高くコミュニケーション能力も高いと言われています。女性にとっても、語彙力の高い男性は良いパートナーだと言えるでしょう。

【モテメソッド2】共感能力を高めよう

男性は理論で考えますが、女性は感情で考えます。これは男女で脳に差があるので、仕方がないこと。一概にどちらがいいということもありません。しかし、この考え方の違いにより男女間のコミュニケーションがうまくいかないことも多く、女性と円滑なコミュニケーションをするには共感能力を高めるのがベターです。

そこでおすすめなのが、小説や映画など、ストーリーに触れること。ストーリーに触れる機会が多い人は共感能力が高い傾向があります。もし「女性の感情はコロコロ変わってよくわからないな」と感じているなら、小説を読んだり映画を観たりするのがおすすめです。女性の高い感受性を理解する一助になることでしょう。

そうすれば、女性の気持ちを理解したうえで理論的に話をすることができ、お互いにいいところを足し算する相補完的な関係を築けます。長期的なパートナーシップの構築を目指すなら、違いを認め合い、お互いに歩み寄っていくことが大切です。共感能力があれば、出会った瞬間から女性に安心感を与えることができるので、関係が発展しやすいでしょう。

【モテメソッド3】褒め言葉は間接的に言おう

「男はストレートに断言した方が良い」と思っていませんか?実は、女性に対する褒め言葉はストレートに伝えるのはいまいちです。「褒められたい!」という女心を満たすために、褒めるテクニックを知っておきましょう。

ストレートに直接的に褒めるのはわかりやすいのですが、謙遜する傾向が強くお世辞の分かもある日本人女性からすると「ちょっと嘘っぽい」「お世辞かな」と感じてしまうものです。褒め言葉に信憑性を持たせ、女性の心を掴むためにはどうしたらいいのでしょうか?

理想的なのは、たとえを使って間接的に褒めること。その方がストレートに伝えるよりも説得力があり、知性も感じさせることができます。この例える力が高い方が女性からの評価が高いという研究結果も出ているのです。

たとえば、持ち物を褒める時は「そのバッグ、おしゃれだね」と褒めるのではなく、「そのバッグを選ぶなんてセンスいいね。合わせるのが難しそうだけど、すごく似合ってる」というように、それを選んだセンスやコーディネートのセンスを褒めましょう。ちょっとひねっている分、本当に褒められている印象を受けます。

まだ理想の恋人に出会えていない方は、夏に向けてMr&Missで理想の恋人を見つけて、結婚への第一歩を踏み出しましょう!きっとお相手のプロフィール欄にも、たくさんのヒントがあるはずです。

写真審査へのご応募お待ちしています。

イベント報告&ブログ一覧へ戻る
ページ上部へ