出会いを成功に導く方法!初対面で意識すべき3つのこと

大好きな恋人を見つけるために必要な最初のステップであり、最大の難関でもある出会い。その出会いを成功に導き、幸せなお付き合い、さらに結婚につなげるためにはどんなことに気を付けたらいいのでしょうか?
「なかなか理想の相手と出会えない」
「そもそも出会いがない」
「どんな人と出会ったらうまくいくのかわからない」
といった人に向けて、出会いの前・出会った時・出会いの後に気を付けるべきポイントをご紹介します!

また、事前に相手のプロフィールなどをチェックでき、性格やタイプも想定できるMr&Missなら、相手の好みなども把握しやすく、いい出会いを見つけやすいのがメリットです。ぜひこちらもご活用くださいね。

【出会いの前に】恋愛力を高めるマインドセット

まず、出会いをものにするには自分の「恋愛力」を高める必要があります。つまり、恋愛に対するモチベーションを高めるということです。

「出会いの場によく行っているのに、思うような出会いがない」
と考えている方は、もしかしたら恋愛力が下がっているかもしれません。本人からすると意欲的に動いてはいるので「そんなことない、良い人がいないだけ」と思うかもしれませんが、そこが意外な落とし穴。

実は、恋愛に関する情報や選択肢が多くなればなるほど、お付き合いに対するハードルが高くなっていきます。恋愛や結婚についての情報をたくさん調べたり、たくさんの恋人候補とデートを重ねたりすればするほど、出会いが遠のいていく可能性が高くなると言うことです。

できれば同時並行で多くの人と出会うのではなく、恋人候補の人が見つかったら、その人と何回かデートを重ねた方がいいです。限定して、集中的に行動した方がお付き合いにつながりやすいのです。

そのため、「早く恋人を作りたい」「早く結婚したい」という方は、自分の中の結婚の条件を絞りましょう。選り好みするうちにどんどん理想ばかり高くなってしまいます。条件はできれば1つ、多くても3つにまで絞りましょう。
また、デートする相手もできれば1人、多くても3人までにして、その中から良い人がいないか見極めていくのが結婚への近道です。

【出会った時に】赤の他人への接し方をチェック

よく「付き合っていたころは優しかったのに、付き合ったら・結婚したら豹変してしまった」という話を聞きませんか?これは、DVや束縛癖のある人にもよく見られるケースです。
「でも、付き合う前や結婚前の態度が優しかったなら、見抜けないよね」
と不安に思うかもしれません。
ただ、実際にはこうしたリスクのある人を事前に見分ける方法があります。

その方法とは、赤の他人に対する接し方をみること。
自分と利害関係の第三者につらく当たったり冷たくしたりする人は、今は優しい態度をとっていてもだんだんと慣れていくうちに粗雑なコミュニケーションを取る可能性が高いです。

たとえば、わかりやすいのが店員への態度です。飲食店のスタッフがオーダーミスをするなど、なんらかのトラブルが起きた時に、その人に対してつらく当たったり強気で発言したり上から物を言ったりする人は、結婚後に同じ対応をする可能性が高いです。

好きな人であればどういう風に見られるか気になるので、良い自分を見せようとします。恋愛初期はだれでも相手に良く見られたいと思いますから、素の部分を隠しがちです。自分への接し方で本性を見抜くのは非常に難しいのです。しかし、もし結婚して何十年もたてば演じ切ることは難しくなり、素の自分が出るようになります。そこで思いもしなかった本性が出てきてしまったら、最悪のケースでは離婚する場合もあるでしょう。

長く付き合える相手かどうか、つまり結婚相手として理想的かどうかを出会いの段階で見極めたいのであれば、赤の他人への接し方をチェックしましょう。

【出会いの後に】次につなげるデートの誘い方

さて、無事「ちょっと気になるな」と思える人と出会えたら、次につなげましょう。その場限りで終わってしまってはせっかくの出会いが無駄になってしまいます。最近は男女ともに恋愛に対して消極的になっていて、自分からしっかり誘わないと相性のいい相手であってもお付き合いにまで発展しません。

それでは、どんな風に誘ったらデートのOKをもらい、出会いを成功へと近づけられるのでしょうか。それはずばり「相手のおすすめを聞くこと」です。特に初対面からデートにつなげやすいのはレストランなど飲食店のおすすめを聞くことです。

出会いの場に食事があれば、そこに出ているメニューから相手の好みを確認すると自然な流れで質問ができます。たとえば相手がハンバーグを食べていたとしたら、
「ハンバーグ好きなの?」
と聞いてみましょう。そこで相手がYESと答えたら
「そうなんだ。おすすめの洋食店とか、よく行くお店ってある?」
「そのお店はどこにある?今度連れて行ってよ」
という流れで誘うと、相手は断りにくくなります。なぜなら「自分がおすすめしたお店」だという前提ができているからです。

また、食事以外でおすすめなのが映画です。なぜなら、映画は見ている間は話す必要がないのであまり親しくない状態でも気軽にデートすることができるからです。また、暗闇効果といって、暗い場所にいると近い場所に行かないと相手の顔が分からないので、身体的にも心的にも距離感を縮めやすくなるというメリットもあります。
「最近、なにか映画観た?」
「観たい映画ってある?」
というように質問するといいでしょう。

また、血糖値が下がると決断力も下がると言われています。そのため、食事前に誘うのはNG!できれば食事の30分後にお誘いするのも効果的です。なぜなら、食事が終わって少しずつ血糖値が上がってきたタイミングだからです。だれでもおなかが減っている時は身体的にも精神的にもコンディションが良くありませんし、テンションも低くなりがちですよね。そんな時にお誘いをしても、気乗りしないことが多いのです。

そのため、出会いの場で軽食など料理が出てきた場合は、ひととおり食事が済んで一息ついた頃に誘った方が、相手から「OK」をもらえる可能性が高まります。相手も心地よい気分になっているので、前向きに誘いに応じることができるでしょう。

まだ理想の恋人に出会えていない方は、この春こそMr&Missで理想の恋人を見つけて、結婚への第一歩を踏み出しましょう!きっとお相手のプロフィール欄にも、たくさんのヒントがあるはずです。

写真審査へのご応募お待ちしています。

 

イベント報告&ブログ一覧へ戻る
ページ上部へ